エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
漫画家Nのイラストと文章で綴る映画な日々

にしかわたく (漫画家)

マンガ家・イラストレーター。生まれて初めて劇場で見た映画は『グリズリー』と『テンタクルズ』の二本立て。
現実逃避のスピードを極限まで加速すればいつか現実を追い越せると信じ、今日もロスト・ハイウェイをひた走る36歳、デブ専。
supported by Happinet
トップ
『シリアル・ママ』(1995・米)
e0000251_993041.jpg

家事は上手で、家族に優しく
ルックスだってまだまだいける。
もし世の中に“理想のママ”というものがあるなら
それはうちのママのこと。
だけど彼女は・・・
残虐非道のシリアルキラーだったのです!

変態映画の帝王、ジョン・ウォーターズと
寄る年波で仕事が減り、やけくそになったキャスリン・ターナーが送る
ヒップでポップな血みどろホームコメディの快作。




うちの母親『ロマンシング・ストーン』が大好きでしてね・・・
私がまだ実家にいた頃は、よく彼女に頼まれて
ビデオをレンタルしてきたものです。
そんなからみで私には

キャスリン・ターナーの映画を見るたびに
なんとなく母親のことを思い出してしまう

という変な癖がついてしまったのです。


長崎の貧乏な家に生まれ
戦後の映画黄金期に育ったうちの母親。
少女時代の楽しみといえば
学校の試験が終わるたびに連れて行ってもらえる
3本立ての映画館だったそうです。
特にアメリカ映画が大好きで
バーグマンやヘップバーン、グレース・ケリーが映画の中で住んでいる
お城みたいに豪華なお屋敷や
彼女たちの華麗なファッションに
心底憧れたと話していました。

その後大人になって結婚し、上京した後も
アメリカという国に対する憧れは消えなかったようで
私を生んで数年後、幼い私と父親を残し単身で渡米。
今で言えば短期の語学留学というところでしょうか。
当時はまだ1ドル=360円の時代で
いくら切り詰めても旅費は莫大。
もちろん本人は超貧乏旅行ですが
残されたにしかわ家も

食うや食わずのド赤貧

だったそうです。


『シリアル・ママ』のキャスリン・ターナーは
いかにも白人の中年という感じの太り方をしており
『女と男の名誉』ではあんなに魅力的だった
見事なスタイルは見る影もありません。
この半袖からこぼれる皮下脂肪で膨れた二の腕・・・

なんだかうちの母親の腕みたい。


基本的に仲の良いうちの両親ですが
ごくたまに母親がシリアル・ママよろしくブチ切れ
大ゲンカに発展することがあります。

原因はいつも“政治”。

母親はバリバリの左寄り。
父親も基本的にリベラルで
まぁ言っても「社民党右派」ぐらいのポジションにいると思うのですが
この微妙な意見の隔たりが、血で血を洗う戦争のきっかけになるのです。

うちの父親は満州生まれなのですが
たまに無意識に、中国人差別発言が口に出たりすることがあります。
例えば、当時日本人は満州の人のことを「満人」と呼んでいたのですが
父親は、人をバカにするときに

「満人みたい」

って言っちゃったりするんですね。
本人に深い考えはなく、単に昔の習慣から来ているものだと思うのですが
こんなのを聞いちゃった母親は、もう瞬間湯沸し機。

こんな帝国主義者とは

離婚する!

と絶叫して、家を出て行こうとする母親を
それこそ足にすがりつくようにして
「お母さん、行かないでぇぇ」と
泣きながら止めていた小学生時代の私。
うーん、我ながらいじらしい。



今日の話、特にオチもないんですが
すでにおわかりのごとく
うちの両親は、私なんかよりずっとオモロイ人間です。
そして、私にこんなことを思い出させてくれる映画というメディア。
つくづく

やっぱ映画ってオモロイ

と思いますです〜!








ブログランキング〜
↓現在8位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2007-05-12 09:11 | お笑い地獄 | Comments(3)
Commented by moviepad at 2007-05-12 11:36 x
にしかわさん、こんにちわ!
ワタクシめ、何を隠そう.....この映画、大好きなんです(ぼそっ)
劇場でリアルタイムで見ました。
声をたてて笑っているのは僕だけでした....(^^;
「ボラット」も鑑賞予定ですが、同じ憂き目にあいそうな悪寒。
Commented by at 2007-05-12 12:05 x
この映画はいいですね。心が和みます。ママを応援したくなるのもポイントですね。
いかにも脳天パーの殺人鬼が人を無差別に殺すスプラッターより悪意も愛も入っている所が良いのでしょう。

それと弱い阪神が帰って来たのでしょうか? また闇の20年とかが始まるのでしょうか
嫌なのにチョットうれしい気もする自虐的阪神魂のある僕がいる。
Commented by taku-nishikawa at 2007-05-12 23:59
moviepadさま
>劇場でリアルタイムで見ました。
おお、それはすばらしい。
私はジョン・ウォーターズの映画って、ロードショーでは1本も見てないんです。
アングラアングラ叫んでるわりには、あからさまなカルト映画って
結構苦手だったりするんですよね。
そういう意味ではこの映画、ちょうどいい湯加減だったような気がします。

隼さま
確かにこの映画って、なんか見てると和みますよね。
ジョン・ウォーターズの映画に出てくる変態たちって
誰一人としてまったく悩んでないところが素敵だと思います。

私は今日は神宮で阪神を応援、勝利に導いてまいりました。
狩野、林、葛木サイコーだす!
過去記事が映画のタイトル順に並んでます
にしかわたく公式HP
毎号表紙マンガを担当
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
パーカー ボールペン...
by パーカー ボールペン at 13:28
It’s hard to..
by David at 08:24
【3連休ポイントアップ祭..
by http://bon at 01:11
高いひずみ以来、それは慢..
by エンポリオアルマーニ 時計 at 09:58
I am genuine..
by クロムハーツ ピアス at 23:47
http://dior_..
by シーバイクロエ ip at 08:05
http://gucci..
by gucciコピー商品 at 09:03
http://gucci..
by ヴィトン ストール コピー at 15:36
柔らかいほんのり塩味のモ..
by パーカー ボールペン 店舗 at 09:11
http://www5...
by ルイヴィトン 長財布コピー at 05:41
最新のトラックバック
2014 Garth B..
from 2014 Garth Bro..
seo services
from seo services
daily fantas..
from daily fantasy ..
CPA Firm Sou..
from CPA Firm South..
kangen
from kangen
Steven Seagal
from Steven Seagal
mrr
from mrr
hunting decals
from hunting decals
custom greek..
from custom greek l..
marijuana re..
from marijuana reci..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧