エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
漫画家Nのイラストと文章で綴る映画な日々

にしかわたく (漫画家)

マンガ家・イラストレーター。生まれて初めて劇場で見た映画は『グリズリー』と『テンタクルズ』の二本立て。
現実逃避のスピードを極限まで加速すればいつか現実を追い越せると信じ、今日もロスト・ハイウェイをひた走る36歳、デブ専。
supported by Happinet
トップ
『once ダブリンの街角で』(2006・アイルランド)
e0000251_23525731.jpg

久々に出合ってしまいました…。

もともとが感激屋の私。
「大傑作」とか「めちゃめちゃいい映画」とか
「死ぬほど面白い映画」といった過剰な褒め言葉を乱発し
今じゃすっかり狼少年のポジションに納まってはおりますが
ここまでの衝撃は実際のところ、数年に1本あるかないかです。
私が出会ったのはどんな映画か。
それは…


「オレの映画」。



ダブリンの街角、ギターの弾き語りをして小銭をかせぐ
もうそう若くはないストリートミュージシャンの男。
ある日、貧しい身なりの花売りの娘に話しかけられる。
チェコから来たその娘も、ピアノを弾くと言う。
この偶然の出会いが、2人の運命をゆっくりと変えていくのだった…。



この映画、全篇の3分の2くらいが演奏シーン。
なので、音楽はあんまり…という人には厳しいかもしれません。
そこへ行くと私・にしかわは

大人になったらなりたい職業の第1位が

「ミュージシャン」。
(いまだ大人になりきれてないのでこの願いは現在進行中)

ちなみに第2位は「ダンサー」で
第3位は村役場職員です。
(『八つ墓村』で腕にインク避けサックを巻いてるのを見てしびれた)


中学でクラシックギターを始める。
指だけは動くようになったものの、やりたい音楽が見つからず。
その後大学に入り、先輩が弾いてたボサノバを聴いたのをきっかけに
ブラジル音楽に頭のてっぺんから足の先までどっぷりと浸かる。
それから1年足らずで、気が付くといつのまにか
浅草サンバカーニバルの山車の上で半裸で踊り狂っていた私。

ミュージシャンになれるなら死んでもいい。

いや、それくらい思ってたんすよマジで。

…しかし悲しいことにこれが、泣きたくなるほど才能がない。
この程度の実力で絵の仕事にしがみついてる私があきらめたんですから
そのひどさは本当に誰の目にも明らかだった訳で。

まぁそんなこんなで音楽には誰よりも憧れ体質な私。


で、『ONCE ダブリンの街角で』。

この映画には“音楽の魔法”が

みっしりと詰まっています。

冒頭、投げ銭の入ったギターケースを盗まれる主人公。
全速力で走って、何とか泥棒を捕まえるも
男のあまりの情けなさに、つい5ユーロ恵んでしまう。

まだ映画のタイトルも出てないのに

すでにこの主人公が

大好きになっている自分。

この男が弾いているギターが凄くって
サウンドホールの上下に、思いっきり穴が空いてんの。
ピックガードってホントに必要なんだなぁとゆー感じなんですが
それがこの人の演奏スタイルに似合ってんですわまた。

一方、花売りのチェコ娘は貧乏なためピアノが買えず
毎日昼休みに顔なじみの楽器屋へ通い
店員の好意で売り物のピアノを弾かせてもらっている。
(その慎ましさに激萌えする私)
借り物の楽器で、他の客もいたりする手前
娘はすごぉーく静かなタッチで演奏するんですが
この音色がまためちゃめちゃ似合ってんですね、この子の控えめな感じに。

で、この楽器屋で2人の初めてのセッションが行われるんですが
このシーンの素晴らしさは、言葉ではもう何とも…


魔法です、魔法。


ほとんど互いを知らない同士が
いきなり魂の奥まで踏み込んじゃうあの感じ。
あぁぁぁぁぁもう死ぬほどうらやましいぃぃ!

音楽ばっかり褒めちゃいましたが
もちろんストーリーも最高。
こーゆー慎ましい恋愛映画が世には少なすぎるのです。


寝る前にちょっとさわりだけ、とゆーつもりで見始めて
夢中になって最後まで見てしまい
主人公が『ザ・コミットメンツ』にも出ていたことを知り
押入れからビデオ引っ張り出してそれも最後まで見たあげく
本家がもう1回見たくなり、続けて再鑑賞。

気がついたら朝ですよ朝。

すかさずamazonでサントラを注文したのは言うまでもありません。


ネットでちょっと感想見て回った限りじゃ評価まっぷたつとゆー感じ。
「長いPV見せられて苦痛」なんて感想も。けっ。
世間様の評判が低けりゃ低いほどこっちは燃えるんじゃ!

とゆー訳で、コレ

「オレの映画」です。

誰にもあげませんわよ!オホホホホ!





ブログランキング〜
↓これからご飯作ります。おかず5品作ります。


e0000251_043446.gif
[PR]
# by taku-nishikawa | 2008-09-17 23:56 | ラブラブ地獄 | Comments(8)
『潜水服は蝶の夢を見る』(2007・フランス)
e0000251_23472272.jpg

こう、映画をいっぱい見ておりますとね
もちろん作品自体が楽しいってのが一番ではあるんですが
一方で、映画を値踏みすることが習慣化してまいります。
この映画はいいね、これはダメだねと
“お宝鑑定”的に、評価をつけることが楽しくなってくる。
そういう側面が過度に強くなりますと

世間ですでに評価されている映画は

見たくない


とまぁ、こんな精神状態に行き着いてしまう訳です。

私はそこまで極端にひねくれてはいませんが(オホホホホ)
タイミングが悪くて劇場で見れなかった映画が
世間での評価が異常に高かったりしますと
何かこうちょっと、レンタル屋でDVDを手に取りにくくなるんですね。

見たいのに、見れない…

そんなジレンマに陥るのでございます。

この『潜水服は蝶の夢を見る』がまさにそのパターン。
まぁ遠巻きにして手をこまねいていた訳ですよ、ずっと。


話は変わりますが、先日電車の中で偶然
大学の時のサークルの先輩に出くわしました。
その後お宅に呼んでいただき、おいしいカレーとコーヒーを振舞われたのですが

この先輩の奥さんのお仕事が

言語療法士。


「は?言語療法士って何すか?」という無知な私に奥さんは
「脳溢血で倒れた人なんかの、言葉のリハビリをする仕事」だと教えてくれました。
これに続いて放たれた質問が、私のケチなプライドを痛く刺激しました。

「『潜水服は蝶の夢を見る』って映画

 見たことある?」


…ない。ないないないないないないない。
ほんとだったらとっくにみてるはずなんだけどみたことない。
なにかのてちがいでみたことないけどそれはほんとにいれぎゅらーなじたいで
ほんとだったらみてるはずつーかむしろみたでしょかなりみたでしょみたみたみた!



まぁちょっと前の私でしたら、このような混濁した意識の流れから
「見た」と嘘をついてしまったところですが(こういうところが実に糞野郎)
さすがに39歳にもなりますと
嘘は自分の首を絞めるということが身にしみてわかってまいります。
「見たことないです」と素直に答えましたよ。
奥さんの言うには、その映画の中で言語療法師が大活躍するのだと。

その場は「キー!くやちい!」と
ハンカチを噛むお嬢様キャラみたいに身もだえした私ですが
よく考えてみればこれで、「言語療法師の仕事に対する興味」という
この映画を見る公然とした理由ができたのです。

やっと…やっと見れる!

帰り道、私がスキップしながら
レンタル屋に寄ったのは言うまでもありません。

はい、めでたしめでたし。


…映画見るまでの話でこんだけ書いちゃったので、感想は簡単に。


めったくそ


面白かった!


話題になってたカミンスキーのカメラ。
凄いのは主人公視点の特殊撮影ばかりかと思ったら
その他のシーンがいいんですよね~。
色彩がほんとうにみずみずしい。
パッケージにもなってる、砂浜で家族が遊ぶシーン。
砂の黄色と、青、赤、ピンクの子供たち。
一つ一つはヴィヴィッドな色なのに、不思議と画面がほっこりとまとまる。
ああ、フランス人ってどうしてこんなにオシャレなの。
あとは女たちの撮り方。
クローズアップが極端に多くて
肌の質感ってゆーんですかね
毛穴とか、シワとか、そばかすとか、金色の産毛とか。
そーゆーのをきっちり映すことで
生身の女の美しさみたいのが、じんわり伝わってきました。


キャストではマックス・フォン・シドーのお父さん。
主人公がヒゲを剃ってやるシーン、よかったですねー。

「俺は誰よりもたくさんの女と関係を持ってきた。
 
 しかし、今は母さんが恋しい」

って最高だよアンタ!


崩れる氷河を逆回転させるラストがまた素晴らしい。
「余韻が残る」とか「考えさせられる」ってだけじゃなくて
見てると心がこう、昂揚してくるというか
映画全体が訴えてきたメッセージが
今度は新たな形でダイレクトに伝わってくる。
ある意味この映画で一番心拍数が上るシーンかもしれません。


ジュリアン・シュナーベルは
1作ごとに映画監督らしくなっていってる気がします。


あー見れてよかった!





ブログランキング〜
↓『ONE PIECE』のルフィがムケチンであることが今週号で判明。


e0000251_043446.gif
[PR]
# by taku-nishikawa | 2008-09-16 23:59 | ノンセクション地獄 | Comments(4)
『ヌード・オブ・ザ・リングス マラの仲間』(2002・米)
e0000251_20564541.jpg

私の行きつけのレンタルショップ「GEO」には

“洋画セクシー”

とゆーコーナーがございます。
世間で言うところのAVとは別の場所にありまして
ここに置いてあるのは
例えば『ラストタンゴインパリ』とか『エマニュエル夫人』とか
『恍惚』とか『フリークスも人間も』とか『寄性蟲キラープッシー』とかいった
“一般映画だけどエロい”ヤツ。
そのコーナーに、私がかねてより非常に気になっていた作品群がございます。

いわゆる「エロパロ」映画。

例をあげましょうか。
左がオリジナル、右がエロパロタイトルです。

マトリックス→マゾリックス
ドリヴン→ヤリヴン
アリーmyラブ→アリーmyバイブ
パッチ・アダムズ→パッチ・アナルス
マーダーボール→マーラーボール
地獄の黙示録→地獄の黙痴録
ハムナプトラ→ハメナプトラ
タイタニック→パイパニック
グラディエーター→フェラディエーター
アメリカン・ビューティー→ハメリカン・ビューティー
パール・ハーバー→パール・マーラー
コナン・ザ・グレート→コカン・ザ・グレート

どうです。素晴らしいでしょう。
人間の叡智というものをひしひしと感じますね。

私はいつもこのコーナーを横目で見ながら
「もう少しだけ勇気があったら…」
と長いこと足踏みしていたのでした。

そんなある日、天啓が。
私は携帯配信コンテンツでバカ映画コラムを書いているのですが
「そーだ!仕事にすればいいんだ!」
と突如気づいたのです。

…機は熟した。

「仕事ですよ仕事ですよ仕方なく借りてるんですよー」
という顔をしながら私がレジに持って行ったソフトは

『ヌード・オブ・ザ・リングス マラの仲間』。

いや、どーせだからオリジナルをよく知ってるやつがいーな、と思いまして。
『ロード・オブ・ザ・リング』なら
エクステンディッド・バージョン3本一挙上映イベントにも行ったことあるし。

てな訳でダッシュで帰宅、すぐさまDVDをスロットに入れ再生ボタン。
誰も見てないのに「もー、仕事だからしょうがないよねー」という顔をして。


冒頭、『スターウォーズ』風に世界観を全部文字で説明(予算削減)。
おお、「Middle Earth」を「Central Earth」に変えてある。
「7つの指輪をすべて手にしたものは世界を手にする」…

微妙に『ドラゴンボール』入ってます。

現在指輪を6つまで集めている魔女ってのが登場するんですが
これが、ただのボンデージ着たおばさん。
「もうすぐ世界は私のもの…」とか言いながら
鏡に向かい、何の脈絡もなく股間をまさぐり始めます。

このシーン5分続く。

舞台はホビット村へ移りまして
病床のビルボ・バギンスとフロドのシーン。
フロドは本物のミゼットが演じています。
「わしはもう長くない。これを受け取ってくれ…」
とフロドに指輪を授けるおじいちゃん。

「指にはめるとエロい気持ちになるから

 絶対ハメちゃいかんぞ…」


と、中学生にエロ本あげて「オナニー禁止」を言い渡すような
無茶を言い出すおじいちゃん。

オリジナルと同じに、指輪を滅ぼすべく旅に出るフロド。
森の中で野宿している彼のところへ、2人の美女が…。
「私たち道に迷っちゃったの。添い寝していい?」
と都合のいいことを言い出します。

おお、ミゼットと美女2人の3Pか!

これは盛り上がる…と思いきや
ここは本当に添い寝するだけ。なんでやねん。

その後色々ありまして、マラの仲間、全員集合。
フロドと美女2人と、マッチョな半裸の剣士(アラゴルン…?)。

あのう…全部で4人しかいませんが…?

まぁ4Pが見れるからいいか、とゆーことでムリヤリ納得。

旅は続き、今度はゴラムが「ウガー」とか言いながら現れます。
黒の上下に安手のお面を頭からスッポリかぶった姿で
見た目は『ハエ男の逆襲』そっくり。
オリジナルの複雑な性格設定は一切なく、ただのバケモノ扱いです。
こいつがいきなり、フロドを一呑み。
ちなみにこのときフロドとバケモノはフレームアウトし

空しく悲鳴だけが聞こえます。

「ここは私に任せて!」と女の1人が言い放ち
バケモノの作り物のイボイボチンコにお口でサービス開始。
(パール・マーラーってこんなんかなぁ)
見事ゴラムを昇天させ、無事ピンチを乗り切りました。


…って、フロドはぁ!?


フロドなんか最初から存在しかったかのように
マラの仲間は滞りなく魔女との最終対決に勝利。
(魔法では決着がつかないわ!ベッドで勝負よ!とゆー投げやりな展開)
指輪を火口に投げ込んで、はい、めでたしめでたし。


…要するに、ただの洋ピンでした。
普通のAVとは逆に、こちらはストーリー追ってるんで
絡みのシーンが邪魔で邪魔で早送りしたくなります。
だって始まると5分くらいそれだけなんだもん。
本国では無修正だったのか知りませんが、接合部のアップ多すぎ。
画面全体がモザイクのみ…

「ヒントでピント」か!

象印賞でももらわないことにはやってられません。

つーか一番の問題は

フロドが一切いい目を見ていないこと。

アレか…ホビットはセックスするなってか。
明らかな人種差別だ!放送禁止だ!
…あ、もともと放送禁止ですか。失敬失敬。

(ちなみにこのDVDには続編が2本。『二つのマラ』と『王の股間』です…)





ブログランキング〜
↓金欠でペイTV見れず。ご利用は計画的に。


e0000251_043446.gif
[PR]
# by taku-nishikawa | 2008-09-13 21:01 | お色気地獄 | Comments(4)
八戸ブルース
旅先に魂の一部を置き忘れてきたのか
人格の抜け殻のような1週間を送ってしまいました。
リハビリに、誰のためにもならない旅行記を書こうと思います。

e0000251_1682316.jpg

金田一温泉でのザシキワラシ取材を終え
青い森鉄道で八戸へ。そこから本八戸へJRで2駅。
駅前に「素泊まり3000円」の旅館を見つけ、迷う。
とりあえず宿を決めるのは後回しにすることにし、中心街へ。
最初に目についたビジネスホテルのフロントで
「シングルの一番安い部屋はおいくらですか」と聞くと「6000円です」と。
ちょっと高いけどまぁこんなもんかなと思い、「じゃあお願いします」と言うと
「ただいま6000円の部屋は全部ふさがっておりまして
 6800円のお部屋になりますが」と。
むむむ。論理的には矛盾はないが。苦笑いしながらチェックイン。

懐具合もかえりみずこの宿に決めたのは
目の前に八戸市唯一の映画館があるからだ。
「八戸フォーラム」というこのシネコン、オープンは5年前。
聞いた話では、一昔前の八戸は文字通り“映画の街”だったらしい。
大きな映画館がいくつも立ち並び、それを中心に街が構成されているようだったと
知り合いのライターさんが言っていたのだ。
(実は彼の親戚がここの興行主であったそうで)
覚悟はしていたが、まぁ今の日本、田舎へ行けば行くほどシネコンの天下。
しかしこの八戸フォーラム、看板に「市民の映画館」と謳ってあるように
なかなかアットホームな雰囲気である。
ロビーの壁にコルクボードがかかっており
一般客が映画の感想を書いた紙がそこにピンで留めてある。
「ジョーカー超怖かった~!バットポッド乗りたい!」
みたいな見るからに頭の悪い中学生の書き込みに混じって
「『赤い風船』に50年ぶりに再会できて感激。やはり素晴らしかったです」
という達筆のメモを発見。(『白い馬』と同時上映でかかってた。偉い)

映画の時間まで3時間ほどあったので、街をぶらぶらする。
が、すぐ飽きてふらふらとパチンコ屋へ。
そもそも私は、旅というものが苦手である。
どこそこへ行く、という目的があればまだいいのだが
「何をしてもいい」と言われると、急に不安になるのだ。
(以前行った別所温泉では、一人でいるのがどうにもいたたまれなくなり
 温泉街の小さな本屋で宮沢りえの写真集を買った前科がある。)
「冬のソナタ2」の1000回転回ってる台を見つけ、大ハマリ。
熱くなっているうちに、気がつくと手持ちの金が3000円になっていた。
(ちなみに私はキャッシュカードもクレジットカードも持っていない)
家から100キロ以上離れた場所にいるにしては、かなり心許ない金額である。

e0000251_1685819.jpg

暗澹たる気分でシネコンへ戻る。
映画は『ハンコック』である。
『グーグーだって猫である』とどちらにしようか迷ったが
青森くんだりまで来て吉祥寺の風景を見るというのはさすがにどうかと思い
ウィル・スミスのオレ様映画に賭けたのであった。
コーラとポップコーンを買うかどうかで10分悩む。
(1時間前の私、死んでくだちゃい…)
結局「市民の映画館」に貢献するという名目で、血のにじむ思いでスナックを購入。
旅情のかけらもない映画を複雑な気分で鑑賞したのだった。

終映後、まっすぐ帰るのもつまらないので(なんせ宿が目の前)
牛丼(400円)食べた後、モスバーガーでコーヒーを飲む。
パチンコやって、映画見て、安くてまずいもん食って、カフェのコーヒー。
完全に自宅にいるときと同じ行動パターンである。旅する意味まるでなし。
時間は23時過ぎ、モスバーガーにいた客は私のほかに
隅に座った10代と思しき女の子一人。
何をするでもなく、ぼーっと窓の外を眺めている。
「この子をホテルの部屋に誘ったらどうなるだろう」
みたいな想像をついしている自分に驚く。
東京(埼玉だけど)にいるときは
こういう“現実的な妄想”はほとんど起こらない。
私の妄想は、もっとエクストリームな方向へ向かうのが常なので。
旅が人をエロくさせるのか、人が旅にエロを求めるのか…。
つげ義春のマンガにそういう展開が多い理由がわかったような気がする。

明けて翌日、行きたい場所は特にない。
帰りの新幹線は17時なのでまる一日フリー。
青森ときてすぐ頭に浮かんだのが「斜陽館」なのだが
津軽までは電車で3時間はかかるという。青森は広い県なのだ。
今年オープンした「十和田市現代美術館」や「寺山修二記念館」も考えたが
金もない上、よく考えたらこの日は月曜日。
美術館や博物館のたぐいはすべて休館日である。
しかたなく、港をちょっとぶらぶらしたあと
「櫛引八幡宮」という神社へ行ってみることにする。

バス代をケチって八戸駅から歩いたら
炎天下のもと1時間近くかかり、激しく体力を消耗。
「南部藩総鎮守」というだけあって、なかなか立派な社である。
人っ子一人いない境内のベンチに座り、休憩。
持ち金も尽き、夕方まで時間を潰す当てもまったくないので
すべてをあきらめ、持ってきたハリー・ポッター最終巻を読み始める。
「青森くんだりまで来て自分はいったい何をやっているんだろう」という虚しさを
魔法の力で退ける。「エクスペクト・パトローナム」である。
結局、煙草1箱と缶コーヒー1本で、このベンチに3時間粘った。

途中、読んでいる本の端に、赤トンボがとまる。
少なくともトンボには嫌われていないような気がして
少しだけ心が休まる。
まぁ馬鹿にされているのかもしれないが。

e0000251_1692386.jpg

新幹線に乗り、4時間かけて帰宅。
出かける前に机の上に置きっぱなしだった
飲みかけのカフェオレを無意識に飲んだら、酸っぱかった。


今回の結論。

世の中には旅向きの人間と

そうでない人間がいる。


明日はどっちだ!






ブログランキング〜
↓金欠でペイTV見れず。ご利用は計画的に。


e0000251_043446.gif
[PR]
# by taku-nishikawa | 2008-09-12 16:13 | 仁義無き日常 | Comments(2)
みちのくひちょりたび
仕事で盛岡に来ております。

今日は1日遠野の取材。
語り部のおばあさんにオシラサマの話を聞かせてもらいました。
馬の生皮に美女がくるまって天上へ昇るくだりなんかは
血みどろダークファンタジーな感じで最高。

明日はさらに北上して、金田一温泉でザシキワラシの取材。
宿泊は青森に入って八戸。
早く終わったら映画でも見に行っちゃおうかなぁ。

それにしても東北の空は高い。

たまにする旅行って楽しいものですね。るるる。




ブログランキング〜
↓憧れの食べ物「じゅんさい」を初めて食べました。


e0000251_043446.gif
[PR]
# by taku-nishikawa | 2008-09-06 23:34 | 仁義無き日常 | Comments(4)
『アキレスと亀』(2008・オフィス北野)
e0000251_2236049.jpg

才能が全然ないのに、とにかく絵を描き続ける男。

そしてその良き理解者の妻。


このたけしの新作にコメントするのは物凄く難しいです。
それはなぜかと言いますと

そこに山があるからだ。

もとい

そこに自分がいるからです。

正確に言うと、主人公の少年時代から青年時代までの前半は
自分自身の話として
恋人と出会い、結婚してからの後半は
両親の話として見ました。
(うちの父親は絵の仕事をしております)
とゆー訳で、今日の文章は非常に個人的かつ愚痴っぽい内容になると思います。
嫌な人はここで止め、読んで下さる方は覚悟して下さい。


この映画、話の節目節目でテロップが入るんですが
少年時代の真知寿(マチス・主人公の名前)が、ある画家から絵を褒められ
自分も大人になったら画家になることを決意するシーンで
画面に次のような言葉が映し出されます。

真知寿はこうして、将来画家になるという夢を持った。

また、持たされた。


この「また、持たされた」って言葉が
私の心をずどーんと重たくしました。

夢を持つというのは、十字架を背負うようなもので
運良く叶えば万々歳だけど、それに一生を振り回されることだってある。
とゆーか、実際のところその可能性の方が圧倒的に高い。
ミュージシャンはあいも変わらず「夢は必ず叶う」と歌っておりますが

そんなものは大嘘です。

私が今絵の仕事をしているのは
ある意味では「家業を継いだ」とも言える訳で
いい年をしていまだに自分に自信が持てないのは
そこらへんにも理由があります。

この夢は

果して本当に自分のものなのか。


才能や能力の限界を感じたり、壁にぶつかったりすると
筋金入りの弱虫の私はすぐに人のせいにする。
こんな子供っぽい悩みはずいぶん昔に乗り越えたつもりでおりましたが
改めてたけしに言われ、ぶりかえしちゃった訳です。

ずどーんと。


さて、後半。
青年になった真知寿は、運命の人・幸子(麻生久美子)に出会います。
青年期を演じるのは柳憂怜。(本作から名前の表記を「ユーレイ」より変更)
この人、『3-4×10月』でも石田ゆり子とつきあってましたが
たけしの中ではモテキャラなんでしょうね…。

主人公は私のようだ、と書きましたが
両者の間には決定的な違いがあります。

真知寿は一切迷わない。

作風はいいかげんな画商に言われるたびにコロコロ変わり
他の画家の真似を平気でやる上、技術もないから粗悪なコピーにしかならない。
芸術家としては最低の部類。
しかし、自分は画家になるんだ、絵を描くんだという
狂気じみた確信だけは、まったく揺らがないのです。

この映画を見る人は
「なぜあんなダメ人間に
 麻生久美子や樋口可南子(幸子の中年以降を演じる)が着いていくのか」
と不思議に思うかもしれませんが
私は両親の例を見ているので、よくわかります。

こうと思い込んだ人間には、磁力がある。

世の中には夢を食べて生きるバクのような人間が本当におり
このタイプの人は、相手の夢を一緒になって見ることが楽しいのです。
“揺るがない夢”はこういうバク人間にとって何よりの栄養源。
貧乏を理由に別れる夫婦がたくさんいるのも事実ですが
バク人間は、そこの優先順位が違っている。
うちの母親のルックスは樋口可南子とは正反対のモロ南方系ですが
中身はほとんど同一人物と言っていいくらい似ています。

何日か前の記事にもちょっと書きましたが
現在はともかく、結婚してから10年くらいは
うち父親にほとんど稼ぎらしい稼ぎはなく
母親が毎日働きに出て、家計をまかなっておりました。
日がな一日働いて、帰ってきたらきたで亭主と息子の世話。
父親は家事が一切できないどころか
仕事でテンぱると、ほとんど狂人…わがまま言い放題な訳です。
私は子供ながらに
「ダメな人だなぁ、母親はよく耐えられるなぁ」
と思って見ておったのですが
ふと現在の自分を振り返ってみますと

稼ぎは全然ない上に

夢の方は揺らぎまくっている。


どっこもいいところがない訳です…。
そりゃ、相手も見つかりませんわな。


まぁ、このように二重の意味で
私のコンプレックスをほじくり返しやがった『アキレスと亀』。
のめりこみすぎて、客観的に見て面白いのか面白くないのか
皆目見当が付きませぬ。
感想を一言で言うとこうですね。

私の人生、いつになったら始まるんだろう。


始まらないまま終わりかけている男・にしかわの愚痴でありました…。

(9月20日公開)




ブログランキング〜
↓試写で爆睡・・・疲れ気味っス。


e0000251_043446.gif
[PR]
# by taku-nishikawa | 2008-09-04 22:53 | 奇人変人地獄 | Comments(4)
過去記事が映画のタイトル順に並んでます
にしかわたく公式HP
毎号表紙マンガを担当
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
パーカー ボールペン...
by パーカー ボールペン at 13:28
It’s hard to..
by David at 08:24
【3連休ポイントアップ祭..
by http://bon at 01:11
高いひずみ以来、それは慢..
by エンポリオアルマーニ 時計 at 09:58
I am genuine..
by クロムハーツ ピアス at 23:47
http://dior_..
by シーバイクロエ ip at 08:05
http://gucci..
by gucciコピー商品 at 09:03
http://gucci..
by ヴィトン ストール コピー at 15:36
柔らかいほんのり塩味のモ..
by パーカー ボールペン 店舗 at 09:11
http://www5...
by ルイヴィトン 長財布コピー at 05:41
最新のトラックバック
2014 Garth B..
from 2014 Garth Bro..
seo services
from seo services
daily fantas..
from daily fantasy ..
CPA Firm Sou..
from CPA Firm South..
kangen
from kangen
Steven Seagal
from Steven Seagal
mrr
from mrr
hunting decals
from hunting decals
custom greek..
from custom greek l..
marijuana re..
from marijuana reci..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧