エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ

漫画家Nのイラストと文章で綴る映画な日々

にしかわたく (漫画家)

マンガ家・イラストレーター。生まれて初めて劇場で見た映画は『グリズリー』と『テンタクルズ』の二本立て。
現実逃避のスピードを極限まで加速すればいつか現実を追い越せると信じ、今日もロスト・ハイウェイをひた走る36歳、デブ専。
supported by Happinet
トップ
<   2008年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』(2007・米)
e0000251_23301380.jpg

予告を初めて見たときの印象。

うっわ!

滅茶苦茶つまんなそー!


ティム・バートンとデップのコンビってだけで、もう胃散が喉まで。
もーさすがにいいでしょーよ。どんだけ仲いいんすか。
お得意のダークな色調の絵作りもいい加減飽きたつーの。

このネズミ色大好き男が!

しかもまたもや私の大嫌いなヘレナ・ボナム=カーターが・・・
テメーの女のシュミはわかりやすすぎるんじゃー!
どーせまた目のまわり真っ黒にすんでしょ?え?
気心が通じたメンツばっかり集めて
こってこてのバートン美術にパーツをすっぽり当てはめるだけ。
そりゃ思った通りの映画はできるだろうけど
そんな予定調和いつまでもやってて楽しいんか?

えぇ、楽しいんか、おっさん!

しかも今回はエルフマンの音楽という逃げ道もない。
正直息苦しいんだよもうこんなの毛程も見たくねー!!!


・・・えーコホン。
しかしまぁ、なんですな。
人から映画に誘われて
私のような寂しい男が断るはずもなく。

とゆーわけで私

日本でこの映画見た人の中で

ベスト10に入るくらい懐疑的

だったと思いますよ、たぶん。


んーで上記のような愚痴をぶつぶつ唱えつつ
映画を見始めたんですが・・・

主人公二人が人肉饅頭の相談を
ワルツの三拍子に乗せて軽快に始めるあたりから


もう夢中〜★



サシャ・バロン・コーエンの股間の右寄りっぷりがステキ!とか
(『ボラット』でタイツの中身はすっかりおなじみです)
死体を地下に落とすときの重量感がナイス!とか
昔見たシュレシンジャー/キングスレー版が
ちょうどいいミスリードになってくれたりとか
まぁ色々といい点があったのですが
私がこの映画にハマった一番の理由はおそらく


イカサマ商売って楽しい・・・


ってとこ。
お店やる映画って基本的に大好物なんです。

なんせ材料費がタダだから
作りゃ作る程儲かる人肉ミートパイ。


昨日の農薬混入餃子を始め
図らずも昨年からの数々の食品偽装問題と
タイミング的に完全にクロスオーバー。
この映画のインパクト、日本人には3割増しくらいで届いたでしょう。

やめられないとまらないー

って感じだったんでしょうなぁ
ミートホープも吉兆も・・・。
洒落になってないのは重々承知ですが
いくらでたらめでも、商売がうまくまわって
儲けることが麻薬みたいになる感じ、私は凄く理解できます。


『林真須美の毒入りカレー繁盛記』

って映画が作られたら私は絶対見に行くでしょう。


※イラストの中の映画のタイトルが間違ってますがめんどくさいので放置です。
 突っ込まんといて下さい。







ブログランキング〜
↓現在11位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2008-01-31 23:34 | お料理地獄 | Comments(7)
ドカベン(1977・東映)
e0000251_14271642.jpg

DVD買っちゃいました。


いったい何なのよ
この映画の
胸が苦しくなるほどの輝きは

Umm ハートエイクシャインシャイン

眩しすぎて幸せすぎて
そんな自分が怖くなり
思わず一時停止ボタン押しちゃうの

yeah プッシュ!プッシュ!

できることならこの体
分子レベルまで分解して
フィルムの粒子のひとつになって
この映画の一部として
Forever
永遠に生きてゆきたい

そんな気持ちにさせられる
昭和の奇跡『ドカベン』

あなたにも
チェルシーあげたい
あばたにも
エクボーあげたい






ブログランキング〜
↓現在10位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2008-01-30 14:39 | すぽぉつ地獄 | Comments(2)
『28週後・・・』(2007・英/スペイン)
e0000251_18151585.jpg

ひゃっふぅ〜★

『アイ・アム・レジェンド』のダメージが
この映画見てやっと全快しました!
(どんだけ根に持ってんだって話ですが・・・)


これは・・・

ゾンビ映画を愛する者たちにとっての

光の道だ!

(マンガ『修羅の門』より)


しかしまだ1月だっつーのに
こんなに傑作続きじゃ身が持ちませぬー。
今年の私の一押し『ラスト、コーション』ももうすぐ始まりますし
2008年は何だか凄いことになりそうな予感がします・・・






ブログランキング〜
↓現在11位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2008-01-29 18:16 | SFホラー地獄 | Comments(4)
『タクシデルミア ある剥製師の遺言』(2006・ハンガリー)
e0000251_21382699.jpg

へぢもお前、オラってばぬー
まんだ1月だっつーのによーぇ
早ぐも今年のベズドワン候補さっさ
めっげちまったんだのさーぁぃぇぅ。

へだばったい映画だっつ

オラんがしどぼってんのぐぁ

わがんねっづーのがぬし!?

うっわー
ウソ方言めっちゃ楽しい

・・・まーそれはともかく


大傑作を見た。



映画が始まって3分
あなたが今までの人生で一度も見たことがなく
またこの映画がなければ
確実に死ぬまで見なくて済んだであろう光景が
スクリーン上に繰り広げられる。

出でよ!火を噴くチンコ〜!!!
(完全勃起&ボカシなし)


しかしこんなんで驚いてたら
この映画、最後まで身が持たない。

豚の死骸とセックス!
(エロイムエッサイム!)

亀頭を鶏が!
(つつく、つつかない、つつく、つつかない・・・つつく!)

無尽蔵のゲロ!
(『スタンド・バイ・ミー』の例のシーンに匹敵!)

デブ女の腋毛から滴る汗!
(しかもそれを飲む男!)

巨大猫!
(ニャー!)

銀紙食べる!
(イャー!)

ぅえぇぇぇぇえ生きたまま!?
(そぅ!生きたまま!)


私が映画見て吐きそうになったのは
『スパイキッズ2』『アレックス』以来3度目。
(スパイキッズは立体メガネに酔ったのだ!)



とあるハンガリー人の一族・・・祖父・父・息子、三代の
数奇すぎる物語。

途方もなくグロテスクで
際限もなく猥雑で
諧謔が肌を裂き
寓意が臓腑まで沁み渡る。


めくるめく肉のクロニクル。



なんか東京じゃイメージフォーラムっつー
オサレなミニシアターでしかやんねーっつー話なんすけど
(大阪であと1館)
アート系の奴らのオモチャにしとくにはもったいなさすぎる1本。


見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ見ろ。


・・・ただし鑑賞後3日間は
肉が食えませんので悪しからず。


3月公開だってよ!
公式ページ





ブログランキング〜
↓現在12位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2008-01-23 21:42 | 奇人変人地獄 | Comments(7)
こんにちは朦朧たけしです
今年最初の逃避先は

体温38℃〜39℃の狭間。

数年ぶりにまともな風邪をひきまして
2泊3日ほど、朦朧トリップをして参りました。

脳が溶ける、という表現をリアルに感じるくらい
あんまり考え事もせず(というかできず)
とにかくひたすら寝てました。
真面目な話、3日で50時間くらい寝たんじゃないでしょうか。
2時間に1どくらい目を覚ましては
ふらつきながら水分補給して、布団に戻る。
これの繰り返し。
人間て、こんなに眠れるものなんですね。

甘い飲み物がどうしても飲みたくなり
外に買いに行くのは無理っぽかったので
宅配ピザのお兄ちゃんに
オレンジジュース5リットルと
コーラの500mlペット3本持ってきてもらいました。
あ、一応ピザも一緒に。食欲無かったので食べませんでしたけど。
一人暮らしで動けない時は、こーゆーのマジで助かるなぁ。

今日になっても熱が下がんなかったらさすがに病院かと思ってたんですが
明け方からちょっと体が軽くなり、午後にはちょっとお腹も空いてきました。
手つかずで放ってあった、すっかり固くなったピザを齧りながら

e0000251_3245370.jpg


を何となく思いだしたり。

なんだか私は80歳とか90歳になっても(もし生きてたらの話ですが)
冷めたピザを見るたびに、この首相の顔が浮かんでしまいそうな気がします。
この手のあだ名って、つけられた当初はしんどいけど
印象強くていいですよね。
マンモス西の「うどん野郎」とか。

まだちょっとふらふらしてますが
さすがに仕事を始めないと取り返しがつかないことに・・・。


ああ、前後不覚って

めちゃめちゃ幸せだったなー。





ブログランキング〜
↓現在12位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2008-01-22 03:44 | 仁義無き日常 | Comments(6)
『デイ・ウォッチ』(2006・ロシア)
e0000251_2341524.jpg

皆様すっかりお忘れのことと思いますが
3年前、その道の人たちの間でやたらと盛り上がった
ロシア発ダーク・ファンタジー『ナイト・ウォッチ』。
全3部作のうち、2作目がようやく公開になります。
この2作目、実は本国ロシアではもう2年も前に封切られていて
過去のロシア映画史上最大のヒット。
いかなる事情でわが国への輸入が遅れたのか定かではありませんが
日本ではいまいちパッとしなかった1作目の
もともと薄かった印象すら完全に消えた今頃になって・・・

しかしそんな興行的に不幸な事情はともかく
この『デイ・ウォッチ』

鼻血噴出必至のとんでもない続編

であると
ここに声を大にして宣言したいと思います!


1作目で、映画全体のバランスを壊してまで
キャラクター紹介を完璧に終わらした甲斐あって
今回は出だしから決して急がず
ミドルテンポで物語が進行していきます。
その物語ってのが・・・
えーと・・・これは・・・はっきり言って・・・

ラブコメだー!!!

・・・いや、ほんとに笑えるんですよ。
情報を詰め込まざるを得なかった1作目では見えなかった
この監督のミョーな味とリズムが
もったりまったりと押し寄せてきます。

んーでその不思議なリズムのフットワークから
見えない角度で打ち込んで来る攻撃が・・・

なんじゃこのパンチの重さ!

ってよく見たら肘じゃん!

・・・反則に気がついたときには
もうマットに仰向けに倒れて天井を眺めていること必定。


監督の名前、めちゃめちゃ難しいんですけど
そろそろちゃんと覚えてあげましょう。

ティムール・ベクマンベトフ

ハリウッドに招かれた次作『Wanted』は
アンジェリーナ・ジョリー主演、グラフィックノベルの映画化で
すでに撮影は終わっているとのこと。

もし今、私の手元に金が腐る程あったら
この監督に投資しますね。
これからブレイクする可能性かなり大だと思います。


当時私が書いた1作目のレビューを読み返してみると
なんか細かい文句がぐだぐだ並んでるんですが
すいません・・・全部取り消します。


見る前に1作目を復習(必須)して

2月16日には劇場へ走れー!!!






ブログランキング〜
↓現在8位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2008-01-18 00:47 | SFホラー地獄 | Comments(6)
『バベル』(2006・アメリカ)
e0000251_2139177.jpg

『善き人のためのソナタ』『ダーウィンの悪夢』『ブラックブック』
『ラスト・キング・オブ・スコットランド』『ブラッド・ダイヤモンド』

年末から、去年見逃した話題作を
1本づつ潰していく作業を続けているわけですが
この並びを見るにつけ

自分にとっての2007年は

こういう1年だったのねん・・・

と、つくづく感じ入ってしまいます。


映画は私にとって完全に日常の一部。
何を見る、何を見ないという選択はごはんと同じで
毎日、体がほしがるものを
劇場なり、レンタル屋なりで摂取するわけです。
岡田某の『いつまでもデブと思うなよ』じゃないですが
自分が食べたものを毎日記録することで、見えてくることが。


この「私が去年避けました映画リスト」を見ると一目瞭然なんですが

重いの辛いのイヤイヤよー症候群

の、典型的な症状が出ております。

改めて考えてみると、ここ1年くらい
仕事で行く試写を除いてほとんどシネコンでの鑑賞。
しかも見終わった瞬間に忘れられるような映画しか
選んでいなかったという衝撃の事実が
今データから明らかに・・・。

人はジャンクフードのみにて

生きるにあらず

今年はどうにか立て直したいです。
公私共に。



さてさて、そういう意味におきまして
昨年、私が最も避けて通りたかった映画がこの『バベル』。
『アモーレス・ペロス』『21グラム』の監督&脚本コンビですから
死ぬほど暗い映画だということは最初から決まっております。

でまぁ、なんとか見終わりまして
私の立場から言うべきことはただ1つ。


2007年度


泣ける放尿シーン


ベスト1!


栄えある受賞者はもちろん、ケイト・ブランシェットです。

銃で撃たれて重症のブランシェットが
旦那のブラピに言います。
「私、下着を濡らしちゃったわ。我慢できなかったの。
 あ、また出そう・・・」
笑いながら、妻の尻の下に洗面器をあてがうブラピ。

子供を失ったことで夫婦が受けた深い傷が
洗面器に尿が落ちる金属音とともに
少しづつ少しづつ解けていく。
そして2人はたがいを許しあうように
何ヶ月かぶりの、気持ちのこもったキスを交わすのであった・・・

放尿しながら。

さらにこの放尿シーンにはもうひとつ、大事なメッセージがあります。

ブランシェットは死なない。

排泄することは生きること。
放尿が示唆するものは生命力に他ならないのです。


いやー、醍醐味醍醐味。

こういう、味わい深い放尿シーンを見ますと
ファンをやっててよかったなぁとしみじみ思いますね。

昨年は『ボルベール』でペネロペのも見れたし


放尿的には


大豊作の


年でしたー!!!






ブログランキング〜
↓現在8位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2008-01-16 21:44 | ノンセクション地獄 | Comments(5)
『アダルト♂スクール』(2003・米)
e0000251_2323189.jpg

オープニング。
主役のルーク・ウィルソンが出張を早めに切り上げて帰宅すると

恋人のジュリエット・ルイスが

乱交パーティの真っ最中。

・・・つかみは100点満点でございます!


30代も後半になり
このまま行ったら本物のオッサンになってしまうと
にわかに危機感を覚えたバカ3人組が
男の楽しみを追求する社交クラブを作り
毎週木曜の夜に大集合してパーティパーティ。

一応ここからストーリーは展開していくんですが
ぶっちゃけ、お話は大したことありません。


この映画、とにかくとにかく

ウィル・フェレルが

死ぬほど面白いのです!


ウィル・フェレルといえば
『俺たちフィギアスケーター』が大ヒット中ですが
私は例のごとく、見る前に期待を膨らましすぎてしまい
ビミョ-に不完全燃焼。

しかしこの映画では
主演じゃないってこともあるのでしょうが
もー、ある意味アンタッチャブル。野性味全開。

投げっぱなし感が爽快極まりない。

いちいちこちらの期待以上のことをやってくれちゃうので
画面に奴が映るのがもう楽しみで楽しみで。

この人の出演作、私はあんまり本数見てないんですが
主役より脇の方が光る役者なんじゃないでしょうか。
『ズーランダー』でやってた
ゴルチエ風味のアパレル社長とか最高だったですもん。


個人的に愛憎うずまくビッチ女優エリシャ・カスバートが

簡単にヤラしてくれて

後腐れまったくなし女子高生

という天使のような役で出ています。

女のくせにアゴ割れてるけど、今回だけは許してあげよう。





ブログランキング〜
↓現在8位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2008-01-15 23:25 | お笑い地獄 | Comments(6)
『エクステ』(2007・東映)
e0000251_21434944.jpg

見なきゃ一生の損。




ブログランキング〜
↓現在8位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2008-01-14 21:44 | SFホラー地獄 | Comments(0)
『選挙』(2007・日/米)
e0000251_112034100.jpg

2005年秋
川崎市宮前区市議会の補欠選挙が行われた。
この映画は、この選挙に自民党公認で立候補した
山内和彦という男を追いかけたドキュメンタリーである。


・・・いえいえ、別に頭がおかしくなった訳じゃないですよ。
狂ってると云うなら
もうとっくの昔から狂ってるんです。
狂った歯車をごりごりごりごり回し続けてれば
いつかその歪んだ箇所が一周して
ある日突然

かちん。

て元の位置に戻ったりしないかなぁなんて
期待してないそぶりをしつつ
じつは猛烈に期待してたりしてなかったりしてたりしてなかったり。
無理無理むりむりムリムリ。
ききっききっ。
ききっききっ。
きき・・・。
き・・・。

ききききききききききききき。


・・・ああ、すいません。
つい夢中になっちゃいまして。


本来は市議会の選挙なんて
ごくちっぽけなものらしいのですが
この議会は現状、自民と民社の議席が同数で
この補欠の1議席をどちらが取るかで
多数派が決定することになる。
要するに

小さいけれども大きい選挙

というわけです。


その“小ささ”を反映してのことなのか…
本編の主人公である山内候補は
議員経験は1度もなく
元の仕事は切手・コイン商。

記念切手を夢中で集めてるうちに

40歳になっちゃいました・・・

みたいな。
こんな私が言うのもなんですが
本当に頼りない感じの人なのです。
よくこれで公認がもらえたな、と。


このビミョーな山内さんが
3年前に結婚したという奥さんと2人
川崎市麻生区に、落下傘候補として送り込まれる。

要するに完全な素人ですからね
まわりから怒られまくるわけですよ。
しかも、先述した理由もあって
自民党のお偉いさんたちが入れ替わり立ち替わりやってきては
「君、お辞儀の仕方がなってないよ」とか
「奥さんには仕事をやめてもらった方がいいな」とか
勝手なことを言いまくるわけです。

ドス黒いおっさん達に

いいように操られる

マリオネット山内。

・・・また物腰がいかにも人形チックなんですよねこの人。


そんなふうにずっとぺこぺこしてた山内さんが
終盤、車で奥さんと2人きりになったとき
「言いたい奴らには言わせとけばいいじゃん」
みたいなクールなことを突然言い出すシーンがあって
ここは見ててぞーっとしましたね。

A.I.にも感情はあるのだ!

みたいな。
鼻が伸びちゃうよ。


ある人が

『選挙』は成功した『大日本人』だ

と言っていましたが
確かに選挙の風景を見てると、
その国の土着性みたいなものを
考えずにはいられないようなところがあります。
何か、祭りチックなんですよね。たたずまいが。


シュールで笑えるドキュメンタリー『選挙』。
たまにはこんなのもいいかもです。




ブログランキング〜
↓現在4位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2008-01-12 19:26 | ドキュ地獄 | Comments(0)
過去記事が映画のタイトル順に並んでます
にしかわたく公式HP
毎号表紙マンガを担当
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
パーカー ボールペン...
by パーカー ボールペン at 13:28
It’s hard to..
by David at 08:24
【3連休ポイントアップ祭..
by http://bon at 01:11
高いひずみ以来、それは慢..
by エンポリオアルマーニ 時計 at 09:58
I am genuine..
by クロムハーツ ピアス at 23:47
http://dior_..
by シーバイクロエ ip at 08:05
http://gucci..
by gucciコピー商品 at 09:03
http://gucci..
by ヴィトン ストール コピー at 15:36
柔らかいほんのり塩味のモ..
by パーカー ボールペン 店舗 at 09:11
http://www5...
by ルイヴィトン 長財布コピー at 05:41
最新のトラックバック
2014 Garth B..
from 2014 Garth Bro..
seo services
from seo services
daily fantas..
from daily fantasy ..
CPA Firm Sou..
from CPA Firm South..
kangen
from kangen
Steven Seagal
from Steven Seagal
mrr
from mrr
hunting decals
from hunting decals
custom greek..
from custom greek l..
marijuana re..
from marijuana reci..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧