エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ

漫画家Nのイラストと文章で綴る映画な日々

にしかわたく (漫画家)

マンガ家・イラストレーター。生まれて初めて劇場で見た映画は『グリズリー』と『テンタクルズ』の二本立て。
現実逃避のスピードを極限まで加速すればいつか現実を追い越せると信じ、今日もロスト・ハイウェイをひた走る36歳、デブ専。
supported by Happinet
トップ
<   2006年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧
『盲獣』(1969・大映)
e0000251_23525993.jpg

ちょっと都心に出る用があったので
ついでに渋谷円山町(ラブホ街)に去年できた
シネマヴェーラ渋谷に初めて行ってみました。

渋谷には中学生の頃からもう20年以上映画を見に通っていますが
いまだにこの街で落ち着く場所が見つけられず
いつも劇場から出ると駅へ直行、帰路につくのがルーティーン。
そういう意味では、渋谷に名画座ができたというのは
私にとってちょっとした事件であります。
入ってみると、きったないおじいさんとか、学生服姿の高校生なんかがいて
いわゆる渋谷のミニシアターの客層とは一線を画しています。
BUNKAMURAに群がるエセインテリおばちゃんたちの姿も一切なく
場内での飲食も可と、なかなか居心地の良い空間でした。

さて、ここシネマヴェーラでは今月ずっと

妄執、異形の人々

という特集をやってました。
『恐怖奇形人間』とか『マタンゴ』とか『吸血鬼ゴケミドロ』といった
アッチ系の作品ばかり25本を日替わり上映。
私ももっと早く行きたかったんですが、スケジュールが合わず
終了1日前にしてやっと念願叶ったという訳です。

今日上映していたのは『怪談 蚊喰鳥』(1961)と『盲獣』(1969)。
『怪談 蚊喰鳥(かくいどり・コウモリの異称)』も
中田康子の艶っぽい悪女っぷりが心にしみる、大変面白い映画だったのですが
今日はめちゃめちゃ衝撃だった『盲獣』について書きたいと思います。


原作はもちろん江戸川乱歩。
石井輝男の遺作『盲獣vs一寸法師』も記憶に新しいところですが
この映画を監督したのは

モダニズムの巨匠・増村保造。

お恥ずかしい話ですが、私、今回が増村保造初体験です。

ファッションモデルのアキ(緑魔子)は、彼女を崇拝する盲目の男・道夫(船越英二)に誘拐され、女体をかたどった異様な彫刻のあるアトリエに監禁される。彼女の体をモデルに彫刻を作ろうとする道夫。やがて道夫の母親を巻き込んだ奇妙な三角関係に発展し、アキを殺害しようとした母親は、逆に道夫に殺される。残った2人は外界から隔絶された空間でサドマゾ異常性欲の世界へ没入してゆく・・・

とゆー、まぁ

これ以上ないってほど濃い映画でやんした。

まず凄いのが、アキが監禁されるアトリエのセット。
壁っていう壁から、目、耳、鼻、口、手、足、乳房といった
人体のパーツが飛び出していて
フロアの中央には

巨大な女体のオブジェが横たわっています。

確かアルモドバルの『バッド・エデュケーション』で
男が巨大なハリボテのヴァギナに入っていくシーンがありましたが、あんな感じ。
主人公2人が追いかけっこしたり、乳繰り合ったりするのも
全部この女体の上な訳です。

子供の頭くらいある乳首をつかみながら

「ぼ、僕の芸術をバカにするなー!」と叫ぶ船越英二に爆笑。

後半、特に理由もなく、アキまでもが視力を失っていき
暗闇の中、触覚だけを頼りにまさぐりあう二人。

これがもの凄くいいらしい。

私は「目隠しプレイ」ってのは未体験ですが
この映画見て、ちょっと試してみたくなりました・・・


全編ほとんど密室劇と言ってよく、登場人物も3人だけなのですが
終止もの凄い迫力に押されっぱなしで、退屈する暇なんか一切ありません。
増村保造、初体験で

超ハマりました!


・・・とゆーことで、来月、新文芸座でやる

日本映画検証7 大映映画の鬼才・増村保造

って特集上映に行ってみたいのですが
全28作、どれを見たらいいのかずぶの素人の私には全然わかりません・・・
どなたか詳しい方、オススメの作品とかあったら教えていただけませんか。
とりあえず『でんきくらげ』『しびれくらげ』の2本だては
タイトルが素敵なので行こうと思ってます。




ブログランキング〜
↓現在5位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2006-09-28 23:55 | 奇人変人地獄 | Comments(16)
『マッチポイント』(2005・英/米/ルクセンブルグ)
e0000251_19244771.jpg

エンドロールが流れ終わって、場内の灯りが点き
友人と2人で劇場を出る。

話すことが何もない・・・

その後、昼から開いてる居酒屋(天狗)に入り
ビールのつまみに今見てきた映画の話をしようとするのだけれども

やっぱり何もない・・・

これってつまんないってことっスか、先輩?


ウディ・アレンが舞台を長年親しんだニューヨークからロンドンへ移し
久々に撮った非コメディ映画。
良家に婿入り、仕事もプライベートも順風万帆の
元テニスプレーヤー、ジョナサン・リース・マイヤーズ。
そこに影を差す、スカーレット・ヨハンソンとの浮気、そして彼女の妊娠。
運がいい男と、運のない女の綱渡り・・・

とゆー感じの映画なんですけれども

ぶっちゃけ、何もかもがフツー。

もちろんベテランだけあって、語り口は上手なんだけれども
ぼーっとストーリーの流れを追ってるうちに
何の引っかかりもなく、あっさり映画が終わってしまいました。


あまりにも感想が湧かないってとこが逆に気になって
帰り道、電車の中でずーっと考えてたんですけど
もしかしたら私・・・

ウディ・アレンという爺さんを

今までずっと読み違えていたんじゃないか

という考えがふと。

インテリでシニカルで飄々としていて、いつも悟り顔。
暇つぶし感覚で気まぐれにちょちょいと映画を作る、天才型の人


というのが私の中のウディ・アレン像だったのですが
よく考えてみると、この人って

私生活では滅茶苦茶やってんですよね。

自分の養子の女の子が高校生の時に手ぇ出して
当時の妻だったミア・ファーローと離婚。
そしてその養子と再婚。

明らかに植草教授以下の最低男ですよ。

ぱっと見は涼しい顔してるけど
もしかしたらこの爺さん、中身はかなりどろどろなのかもしれない・・・


そう思って『マッチポイント』を思い返してみると
何不自由ない幸福な生活を手中にしながら
明らかに破滅へと繋がる女に手を出さずにはいられない主人公の姿が
老境に入りながらも全く煩悩が捨てられないウディ・アレンに重なって見えてきて

満員電車の中

全身が総毛立ちました・・・




ブログランキング〜
↓現在5位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2006-09-27 19:26 | ラブラブ地獄 | Comments(4)
『チーム★アメリカ/ワールドポリス』(2005・米)
e0000251_2328261.jpg

スゲェ!!!

超超超超いー感じ!!!

『サウスパーク』のトレイ&マットが送る
究極の馬鹿×下品・アナログマリオネットムービー。
正義の味方、チーム・アメリカが世界を股にかけ大活躍。
テロリストどもをぶち殺せ!!!



『サウスパーク』は大好きなのに
なぜこの映画を今まで見てなかったのかといいますと
何かこう・・・

高尚な風刺の匂い

ってんですかね、
対テロ戦争にやっきになってる
独善的なアメリカをあざ笑ってやろう的な映画だと思ってたんです。
昔から私、特に理由はないんですけど
欧米人一流の風刺文化ってのが性に合わなくてですね。
いや、もちろんこの映画
そういう風刺的な要素もかなりあるんですよ。
しかし、私は肝心なことを忘れてました・・・
奴らが


底抜けの馬鹿


だということを。


とにかくこの映画、人形だからって何でもあり。

延々3分にわたるゲロ吐きシーン。

オーラル&アナルセックス。

脳みそ内臓飛び出し爆死

胴体切りに首チョンパ。

金正日に「I'm so lonely」と唄わせたかと思えば
相変わらずハリウッド相手には手厳しく
アレック・ボールドウィン、ジョージ・クルーニー、ティム・ロビンズ
ショーン・ペン、ヘレン・ハント、サミュエル・L・ジャクソン
リブ・タイラー、スーザン・サランドン、ベン・アフレック、
マーティン・シーン、マット・デイモン、ジャニーン・ガラファロ

あたりがやり玉にあげられてます。
(よくは知らないけど、政治的な発言が多い俳優たちなんだと思います)

トレイ&マットの素敵なところは
右とか左とか関係なく、とにかく声高に主張する人間にすべてムカつくという

中学生レベルの精神構造。

何たって、マイケル・ムーアに自爆テロさせちゃうんですからね・・・


この作品が凄いのは、こんだけ馬鹿やっといて
映画として非常に良くまとまっているところです。
緻密なマリオネットの技術も特筆もの。
ピーター・ジャクソンの『ミート・ザ・フィーブルス/怒りのヒポポタマス』
に並ぶ、このジャンルの金字塔だと思います。

前述のよう散々ハリウッドを馬鹿にしていて
映画全体が、ブラッカイマーに代表される
ハリウッド製アクションのパロディになっているんですが
私が思うにこれは

愛がなければできない仕事。

罵詈雑言吐きながらもついつい見ちゃう人が作った作品なんです。
そういう意味でこの映画、ハリウッド映画好きにこそ見てほしい。


最後に、劇中で主人公が失恋したシーンで切々と唄われる
バラードの歌詞をご紹介したいと思います。

僕はマイケル・ベイ以上に失敗を犯した
そう『パール・ハーバー』以上に
酷すぎてとても耐えられない

別れてしまった彼女に一言だけでも言いたい
『パールハーバー』は糞だ
ごめんなさい、と

ベン・アフレックに演技学校が必要なように
僕には君が必要だ
キューバ・グッディンJr.が大役を欲しがっている
彼の方がベンよりマシだろ?

君の笑顔を思い浮かべると
あの映画を思い出してしまう

『パールハーバー』は糞だ
ごめんなさい
『パールハーバー』は糞だ
君を見失った僕に比べても
さらに糞なんだ





ブログランキング〜
↓現在4位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2006-09-26 23:29 | 戦争はらわた地獄 | Comments(8)
『シンデレラマン』(2005・米)
e0000251_2310775.jpg

きゃ−!大好きよ!

ビバ!貧乏話!

映画を好きになったきっかけが
『鉄道員』だの『自転車泥棒』だのといった
一連のネオ・リアリスモ作品だったこともありまして

基本的に私、貧乏人萌え体質なんです。

(逆にヴィスコンティみたいな、貴族がだらだらしてる映画は苦手)

ただ、貧乏ものにはアル中ヤク中がセットみたいなところがあって
こちらの方はあまり好きではない
とゆーかはっきり言って嫌い。

だからパブへ行っても水しか頼まず
家へ帰ればポッケの中のわずかな日当を
小銭まで残らずテーブルの上に置くこの映画の主人公は
私が長らく待ち望んでいたヒーローでした。
とにかく

家族のために頑張る頑張る頑張る。

映画の前半、主人公が子供を取り戻すために
自分を見捨てたボクシング協会へ行って物乞いをするシーンで

オッサンすでに号泣。

ラッセル・クロウの日頃の素行がいくら悪くても
物語の中でだけは思いっきり応援してしまう。

それが映画ってもんじゃないですか!

レニー・ゼルヴェガー演ずる奥さんの

適度なブス加減がまたよろしい。

やっぱ、貧乏男の嫁はデブ女に限ります。
(レニーはデブっていうよりただの下ぶくれだけど・・・)
金がない上に奥さんがガリガリだったら
それこそ思いっきり不幸な感じになっちゃうじゃないですか。
それにぽっちゃり妻は寒い時

暖房器具としても使えますし。


1日、くたくたになるまで働いて家路につき
ドアを開け「ただいま」とかすれた声で一言。
コートを脱ぎ、ベレー帽を壁にかけていると
後ろからやさしく抱きしめられ
下ぶくれの奥さんが

あなたは私のチャンピオンよ・・・

とささやく。
ああ、私の理想の生活。



そんな嫁どっかに


いませんかね?



つーかまず働けよ自分・・・





ブログランキング〜
↓現在3位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2006-09-24 23:17 | すぽぉつ地獄 | Comments(6)
私のおんな遍歴
e0000251_775638.jpg

ラジオCMで長澤まさみが
「『涙そうそう』9月30日公開。ご期待下さい」
って言ってるのを聞くたびに

「はーい!」

と元気よく答える37歳独身のにしかわです。

いやー、しかし公開まであと1週間ちょっとですか。
うずうずしちゃって落ち着かないったらありゃしない。
試写を見た友人から悪い噂もちらほら聞きますが

私の心に燃え盛る炎は

何人たりとも消せません。

なんで私がこの映画をそんなに楽しみにしているかというとですね
長澤まさみが好きってのももちろんあるんですが

夏川りみの歌が聴ける

ということが期待の99%を占めています。
絶対聴けますからね。これはハズレなしですよ(当たり前だ)。

実を言うと私・・・

夏川りみとは

真面目に結婚を考えております。

ぽっちゃり、南方系、苦労性、歌がうまい、笑顔が素敵と
私のツボをすべて完璧に網羅している彼女。
夏川りみを守るためなら

人間魚雷回天にだって乗る覚悟です。


不肖にしかわ、これまでの人生を振り返りまするに

真剣に結婚したいと思った女性は

37年間で3人だけ。


1人目は高校生の頃。
言うのにかなり勇気がいるのですが

ジャニス・ジョプリン。

当然ですが当時すでに故人。(私が1歳の年にオーバードーズで死んでます)
彼女のアルバムをウォークマンでそれこそテープがすり切れるまで聴きながら

オイラが側にいたなら
彼女を死なせはしなかったのに・・・

という、今考えると脳が腐っていたとしか思えない妄想を抱いてました。


2人目は大学生の頃。

漫画家の杉浦日向子。

荒俣宏と結婚というあり得ないニュース(一瞬で別れたけど)を聞いた時は
絶望のあまり玉川上水での入水自殺を考え
昨年、彼女がガンで亡くなった時には
1ヶ月間顔に黒いヴェールをかけて喪に服しました(嘘)。
(なんと命日が私の誕生日だったんですよ・・・これも運命なのか)
生前の彼女が出演していたNHK『お江戸でござる』を
あんなに目をギラギラさせて見ていたのは
日本中で私一人だったと思います。


で、3人目が夏川りみ嬢という訳です。
1人目2人目が早死になので
彼女にはせいいっぱい長生きをしてもらって

いつか私と結婚して下さい。

わー。プロポーズしちゃった。ぽっ。
うふふ。これ、偶然読んでたりしないかなぁ〜。




しねぇよ!!!




それにしても「おんな遍歴」って
言葉の響きが激烈におっさん臭いですね・・・
スポーツ新聞のエロページみたいっす。





ブログランキング〜
↓現在3位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2006-09-22 07:09 | 映画雑感 | Comments(5)
『アンダーワールド2 エボリューション』(2005・米)
e0000251_839123.jpg

1作目『アンダーワールド』には痛い想い出があります。

「吸血鬼VS狼男の映画がつまんない訳がない!」って言い張って
山梨から東京に遊びにきてた友人夫婦をムリヤリ劇場に引っ張っていったんですが
これが・・・

目も当てられない超駄作。

見終わった後
「そうねー何か全体的にテンポが悪いんだよねー」とか
当たり障りのないコメントを吐いて平静を装っておりましたが

心の中では土下座してました。

M夫妻、あの時は本当にごめんなさい。
今度、もうちょっとましな映画見に行こうね・・・

またその後、あるパーティーで映画の話になって
「いやー『アンダーワールド』ほんっと最低でしたねー」
って私が言ったら、一瞬にして場の空気が凍りついたんです。
それもそのはず

目の前に配給会社の人が。

・・・という2つの大惨事があり
私の中ではこの映画、すっかりトラウマに。


で、続編ですよ。
さすがに劇場へ行く勇気はなくてですね
レンタル屋で見つけた時もかなり考え込んじゃったんですが
もともと好きなジャンルだということもあり

まさかアレ以下ということはないだろう

とゆーことで、見てみました。
・・・・・・しかし

そのまさかが現実に。


基本的に主演のケイト・ベッキンセールが嫌いだというのを差し引いても
相変わらずのヘタレ脚本。
1時間半さんざん引っ張っといて
ラスボスのあの激弱ぶりはどういう訳?
演出も前作に輪をかけてぬるま湯
とゆーかこの映画、ほとんど演出というものが皆無。
だらだらだらだらだらだらだらだらだらだらだらだら
カットが繋がっているだけ。
とにかく


つまらんのじゃ!



知っている人も多いと思いますが
監督のレン・ワイズマンと主演のベッキンセールは1作目の撮影後、結婚。
共演していたベッキンセールの当時の恋人、マイケル・シーンは
フラれた形になったのですが
この元カレ、『エボリューション』にもきっちり出演しております。
プライベートと仕事は別、と。
別れたけど、今は良い友人よ、と。

オトナか!

オトナ気取りか!(タカ&トシ風)

あーもう、好きなだけ乳繰りあって下さいよ。


死ぬまでやっとれ


この馬鹿夫婦!!!


・・・しかし、一番成長してないのは
性懲りもなく続編を見てしまう

私なのかもしれません・・・





ブログランキング〜
↓現在3位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2006-09-21 08:41 | カス映画地獄 | Comments(2)
立ち読み『僕と王様』
『僕と王様』、アマゾンでちょこっと立ち読みできるようになりました〜

http://www.amazon.co.jp/gp/product/490267145X/ref=sib_rdr_dp/503-2228751-6307147

はたきで追い払ったりしませんので、読んでみてくだちぃ。
んで、買ってくだちぃ。
あとアマゾンに登録している方
レビューを書き込んで下さると大変有り難いです。
よろしくお願いしますー。

e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2006-09-20 00:54 | 宣伝地獄 | Comments(4)
『7セカンズ』(2005・米)
e0000251_23571384.jpg

スナイプスの大運動会

秋の種目別アクション3連発!

と銘打ったイベントが、現在、銀座シネパトスでひそやかに始まっているのを
みなさんご存知でしょうか。
ウェズリー・スナイプス主演のアクションものを3本連続公開。

軍事アクション『ザ・マークスマン』
スパイアクション『デトネーター』
クライムアクション『7セカンズ』

こういう書き方をするといかにも名画座的な響きがありますが
全部れっきとした新作なんです。
・・・しかしそもそも

なぜウェズリー・スナイプスの新作が

3本もたまってしまったのか。


先日書いた『バス男』 『40歳の童貞男』なんかにも言えることなんですが
アメリカでどんなに人気があっても日本ではヒットしづらい
つまり公開されにくいジャンルというのがあるんですね。
コメディ、ホラー、そしてブラック・ムービー。

ブラック・ムービーというのは読んで字のごとく、黒人が黒人のために作った映画。
スパイク・リーみたいに国際的な評価を受けている監督はまた別ですが
向こうでは超人気者のアイス・キューブの主演作なんかも
ほとんど日本の劇場にはかかりません。

さらに不利なことに、キャストの欄を見ますと
スナイプス意外のキャストは全部無名。
こういう映画の作り方はアクション・スターの王道で
古くはブロンソン、チャック・ノリス
最近ではスティーブン・セガールとか
ジャン・クロード・バンダムなんかもこんな感じですね。

ごんぶとセガールは日本にゆかりが深い人なので

沈黙沈黙また沈黙

と、無理矢理な邦題をつけて公開されますが
スナイプスの日本での知名度とは、いったいどの程度のものでしょうか。
おそらくほとんどの人が
『ブレイド』以外の出演作は言えないのではないでしょうか。
かなり知ってても『ザ・ファン』『ホワイトハウスの陰謀』『デモリションマン』
くらいまでのもんでしょう。

個人的にはマイク・フィギス監督『ワン・ナイト・スタンド』での

騎乗位好きの妻にげんなりしている夫

を演じてるスナイプスが好きなんですけどね。

・・・とゆー訳で、日本では微妙なライン上にいるスナイプス。
主演最新作がどんどん来るもんだから、配給会社の担当は頭が痛かったでしょう。
そこで半ばヤケクソ気味にサンフレッチェ方式を採用。
抱き合わせ商法的に3本合わせて公開という流れになったのだと想像します。
要するに


質より量。



で、やっと映画の内容の話に入るんですが
今回一足先に試写で見たのは、10/14公開の『7セカンズ』。
前述のような事情を鑑みて、一切期待はしてませんでしたが

これが意外とイケるんですよ奥さん。

スナイプスは元軍人の凄腕の泥棒。
完璧な計画で首尾よくカジノの収益金の強奪に成功、と思いきや
何者かの裏切りにより仲間は全員殺され、恋人も攫われてしまう・・・
といった実にありがちなストーリー。

どういう事情かは全然わからないんですが
この映画、オールルーマニアロケなんです。
悪役で向こうの俳優(たぶん)を多数使ってるんですが
これがねぇ、みんなひねくれたいい顔してんの。
特にラスボスのおっさんが、何の病気だかはわかんないんだけど

始終ぷるぷるぷるぷる震えている

のが異常におかしい。

伏線がはまったところでは
毎回ちゃんとフラッシュバックの回想シーンを挿入するという
頭の悪い人でも安心の親切設計。

ここまで何にも考えなくていい映画って

久しぶりに見た気がします。


この映画見て、子供の頃の日曜洋画劇場を思い出しました。
監督の名前はもちろん、俳優の名前なんかも全然知らず
日曜の夜、ただぼーっと映画を見てたあの頃。
明日の学校のこともちょっと脳裏をよぎったりして
多少ブルーな感じも伴いながら
まったりと夜が更けていくあの感じ。

このユルさ、ちょっと癖になっちゃいそうです。
残りの2本もシネパトスに見に行こうかな・・・





ブログランキング〜
↓現在3位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2006-09-19 23:59 | アクション地獄 | Comments(1)
『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006・米)
e0000251_2348832.jpg

私、それなりにこの映画楽しみにしてましてね・・・
ちゃんと1週間前に1作目と2作目のおさらいもして
満をを持して初日に劇場へ行ったのであります。
いや「楽しみにしてる」って言っても
前の晩に眠れないほど期待してたって意味じゃないですよ。
このシリーズ自体、そこそこ面白い、って程度ですし
まぁ、100点満点で60点くらい取ってくれれば御の字かなぁと
その程度のささやかな、謙虚極まりない期待。

で、見てみたらですね・・・

マークシートなのに

10点しか取れてねぇでやんの。

選択肢4つなんだから
確率から言って25%は当てろよ!
・・・とまぁ、そんな具合。

俳優の演技はまぁ普通だけど
ストーリーもまずい、脚本も頭悪い、演出もユルい、
肝心のドリフトもなーんかねぇ・・・
まぁここに関しては
先に異常に気合いの入った『イニシャルD』という映画を見ちゃってたんで
比べるのはちょっと可哀相かなという気もするんですが。


私がこの映画の何が一番気にくわなかったかとゆーと

主人公が車を壊しまくること。

そんなの映画では普通じゃんと思われるかもしれませんが
このワイルド・スピードというシリーズのミソは
一般人の車キチガイを描いているところなんです。
車の改造パーツ買うのに
払える当てもないのにバカ高いローン組んだり
コソ泥してもうけた金を全部つぎこんだり
言っちゃえば人生棒に振って、車にのめり込んでる人たち。
要するに彼らにとっては

命より車が大事なんですよ。

派手なカークラッシュは他の映画で散々見れるんだから
このシリーズは、そういう市井のカーマニア視線で作ってほしかったなぁと。

この映画の主人公も一応、貧乏高校生という設定なんですが
いとも簡単にスポンサーを見つけ
ぶつけて廃車にしてもすぐ次をぽんともらえる。

お前、一度でいいから

『capeta』を読め!!!

と言ってやりたい。
(『capeta』はF1レーサーを目指す少年を描いた曽田正人の漫画。
 読んでない人は確実に人生損してます)

今年の流行語大賞にはノミネートすらされないであろう
『ゲド戦記』の名セリフ風に言うと

車を大切にしない奴なんか


大嫌いだー!!!




えー、映画の本筋がそんななんで、何とか楽しめるのは

高校の給食に天ぷら懐石が出てくるとか

パトカーの最高速度が時速180キロだから
200キロでぶっ飛ばしてる車は最初から警察があきらめて

一切おとがめなしとか

そういう「間違った日本観」小ネタだけですね。

あと、カメオ出演の妻夫木クンですが

わずか10秒の出演時間で

きっちり場を寒くする

というミラクルを演じています・・・





ブログランキング〜
↓現在4位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2006-09-18 23:52 | アクション地獄 | Comments(2)
草むらベイビー
e0000251_21115192.jpg

暑くもなく、寒くもない
いい季節になってまいりましたね。

本日は私、
魂の郵便配達夫Sと
才能のない三谷幸喜ことKとともに
うちの近所の原っぱでピクニック。
私はスケッチブックを持っていって
草むらに寝転がりながらお絵描きです。

デッサンの手を休めて目を上げると
意味不明の言葉を口走りながら野良猫を追いかけて走り回るSと
無謀にも爆転に挑戦して腰を地面にしたたか打ちつけているKの姿が。
ああ人間、30過ぎてもこんなでいいんだ・・・

心地いい風がやさしく頬を撫でていく
そんな限りなく平和な秋の原っぱ。
久々に、心から爽やかな気持になれました。

その後、つぼ八で泥酔し
爽やかさのかけらもない状態に陥りましたので
今日はこれでご勘弁を。

Kさん、部屋片づけてくれてありがとうねー。




ブログランキング〜
↓現在4位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2006-09-17 21:14 | 仁義無き日常 | Comments(4)
過去記事が映画のタイトル順に並んでます
にしかわたく公式HP
毎号表紙マンガを担当
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
パーカー ボールペン...
by パーカー ボールペン at 13:28
It’s hard to..
by David at 08:24
【3連休ポイントアップ祭..
by http://bon at 01:11
高いひずみ以来、それは慢..
by エンポリオアルマーニ 時計 at 09:58
I am genuine..
by クロムハーツ ピアス at 23:47
http://dior_..
by シーバイクロエ ip at 08:05
http://gucci..
by gucciコピー商品 at 09:03
http://gucci..
by ヴィトン ストール コピー at 15:36
柔らかいほんのり塩味のモ..
by パーカー ボールペン 店舗 at 09:11
http://www5...
by ルイヴィトン 長財布コピー at 05:41
最新のトラックバック
2014 Garth B..
from 2014 Garth Bro..
seo services
from seo services
daily fantas..
from daily fantasy ..
CPA Firm Sou..
from CPA Firm South..
kangen
from kangen
Steven Seagal
from Steven Seagal
mrr
from mrr
hunting decals
from hunting decals
custom greek..
from custom greek l..
marijuana re..
from marijuana reci..
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧