エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
漫画家Nのイラストと文章で綴る映画な日々

にしかわたく (漫画家)

マンガ家・イラストレーター。生まれて初めて劇場で見た映画は『グリズリー』と『テンタクルズ』の二本立て。
現実逃避のスピードを極限まで加速すればいつか現実を追い越せると信じ、今日もロスト・ハイウェイをひた走る36歳、デブ専。
supported by Happinet
トップ
カテゴリ:すぽぉつ地獄( 7 )
『野球狂の詩』(1977・日活)
e0000251_0281667.jpg

ユニフォームを着ると股間の部分が非常にアレな

モリマン水原勇気(木之内みどり)

が、協約を完全無視してプロ野球入り。
七色の魔球“ドリームボール”で
並み居る強打者をバッタバッタと三振に斬ってゆく、野球ファンタジー。

水島新司原作と言えばまず思い出すのは
“知能指数ゼロメートル地帯”の称号を授かった
鈴木則文監督の伝説の映画『ドカベン』。
存在自体が奇跡のようなこの野球…ではなく柔道映画を
「天に愛された作品」とするならば
もうひとつの水島先生の代表作『野球狂の詩』の実写版は
「人間愛の溢れる労作」と呼んであげたい。
本当にプロ野球を愛する人たちが作った
そして

愛しすぎたがゆえに

バカ映画になってしまった

実に人間臭い(おじいちゃんの口、くさ~い)1本なのであります。


お話は東京メッツの超ベテラン投手、岩田鉄五郎の引退試合で幕を開けます。
このオッサン、なんと御年53歳。
演じるは怪優といえばこの人、小池朝雄。
ただでさえ悪い血色が、老けメイクでさらに物凄いことになっており

ハトの糞だらけの銅像

みたいな顔色をしています。
球もフォームも年相応にへろへろ。
これはおそらく野球映画史上初だと思いますが
「飛んでいるボールにトンボが止まる」という

マトリックスばりのVFX

が拝めます。
どんなに打たれても引退試合だから交代はなしという訳で
結果は53対10でメッツの負け。(アメフトか!)
しかも試合後には引退撤回してブーイング浴びまくり。
男・岩田鉄五郎、勝負にこそ敗れましたが

688球を投げ抜く異常な鉄腕

を見せつけました!
…タイトル前ですでにこの濃さですからね。

もうおなかいっぱいですよ。


現役時代のノムさんが水原勇気相手に三振するシーンや
『ドカベン』に続き

限りなく産業廃棄物テイストなヒゲ面

を披露する水島大先生
球団の寮でセクハラの限りを受けまくる木之内みどりなど
全篇みどころたっぷりなのですが…

この映画、根本的な欠陥が。

怪我で若くして引退を決めた選手や
長年親しんだ球団からトレードに出されたベテラン捕手など
プロ野球の厳しさと選手たちの心の機微をえらく丁寧に撮っていて
素朴な語り口でなかなか泣かせるんです。

もしかして凄ぇ傑作かも・・・

と感心していたら
人間ドラマ描きすぎて、案の定時間が足りなくなって


肝心のドリームボールが


完成しないでやんの!



たぶん続編作るつもりだったんでしょうけど
これ以降の日活は経営傾きまくりでそれどころじゃなかった訳で。


『20世紀少年』なんて糞つまんない映画を3本も作るんだったら
思い切って残りの2本やめちゃって、かわりにコレの続きを作って下さい!

マジでマジでマジで!




ブログランキング〜
↓小室の最高傑作は「愛しさと切なさと心強さと」だと思う。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2008-11-05 00:28 | すぽぉつ地獄 | Comments(6)
『かけひきは、恋の始まり』(2008・米)
e0000251_0321829.jpg

1920年代…プロのアメフトがまだマイナースポーツだった時代。
ドッジ(ジョージ・クルーニー)はベテランの名物選手だったが
長年キャプテンを務めてきた「ダルース・ブルドッグス」が
不況のあおりをうけ解散の危機に。
そこでドッジは一計を案じ、第一次大戦の英雄であり
大学アメフトの超人気選手・カーター(ジョン・クラシンスキー)を
大金を積んでスカウトし、チームの再生に成功する。
そんなカーターを密着取材する美人記者・レクシー(レニー・ゼルヴィガー)。
実は彼女の目論みは、カーターの本当の戦歴を聞きだし
彼が“作られた英雄”であることを暴露することだった。
ただでさえ複雑なこの3人、恋愛面でも三角関係に発展。
そんなドタバタの中、ライバルチームに電撃移籍するカーター。
恋とスキャンダルと男のプライドを賭けた世紀の一戦が、今幕を開ける。



『コンフェッション』『グッドナイト&グッドラック』に続く
ジョージ・クルーニーの監督第3作。
前2作を見た方はおわかりの通り

この人、見かけによらず

なかなか腰の入った映画を作ります。

今回はアメフトがビッグ・ビジネスに生まれ変わる前夜を
往年のスクリューボール・コメディ(…ってゆーんだそうです)
のスタイルで撮り切りました。


「今年は映画の当たり年」と何度も言っている私ですが
実を言うと、ラブコメだけはハズレ続き。
大好物ジャンルの不作を寂しく思っていたところにこの映画。

あのオッサンならきっとやってくれる…。

つぶらなお目々をキラキラさせながら試写室へ向かう39歳。

…で結果、良い方に裏切られました。
金離れのいい女性客を当て込んで、この邦題をつけたんでしょうが

中身は完全に“男の映画”。

クルーニーとゼルヴィガーの丁々発止のやり取りは文句なしに楽しく
恋愛ものとしてもよく出来ていることは事実なんですが
この映画の核になるテーマはズバリ

「プロスポーツの功罪」。

原題の『Leatherheads』は
当時のアメフト選手が被っていた皮製のヘッドギアのこと。
ごっつい防具に包まれた、ロボットじみた選手の姿しか見たことのない我々の目には
この20年代の素朴なアメフトのスタイルが実に新鮮に映ります。

限りなく「草アメフト」に近かったこのスポーツが
現代のようなショーアップされたビッグ・ビジネスに生まれ変わることで

確実に失われたものがある。

そのことをこの映画は教えてくれます。

ラフ・プレイ(ときには乱闘も含む)や
選手のずるさ(サッカーで言う“マリーシア”)。
たくさんの人間が見、大きな金が動くことで
「公正」の名の下、こういった人間臭い猥雑さがスポーツから排除されていく。
加えて、現代のプロスポーツとは切っても切れないテレビ中継という要素。
CMにあわせてプレーを止め、ビデオ判定を盛り込むなど

ゲームはどんどん人間の手から離れていく。

こうした「管理されたプロスポーツ」
引いては「現代という時代そのもの」に対して
ロートルのジョージ・クルーニーが単身で戦いを挑んでいくラストは

巨大な風車に立ち向かうドン・キホーテ

を見るようで、胸が熱くなりました。


最後に主演の2人についてちょいと。

クルーニーが脚本段階で決めていたという、レニー・ゼルヴィガー。
確かにコメディエンヌとしても芸達者で、個人的には好きな女優なんですが
この

瘤取り嬢ちゃん

に、まわりが口々に「美人記者、美人記者」言うのがちょっと寒い。

クルーニーとのキスシーンで、2人の顔を逆光で撮って
シルエットだけで見せるカットがあるんですが
ゼルヴィガー嬢のほっぺの線が見えちゃってて失笑。

この人はどこまで行っても
シャーリー・マクレーンタイプのファニー・フェイスなんだから
始めっからそーゆー設定にすりゃ誰も傷つかずに済むでしょうに…。


そこへ行くとジョージ・クルーニーはほんまいい男ですな~。
体の隅々から

古き佳きハリウッドオーラ

が溢れまくっております。

『フロム・ダスク・ティル・ドーン』で最初に見た時は
「テレビ顔のあんちゃんやな~」とゆー感想だったんですが
(ブルース・ウィリスの時も同じことを思った)
いい感じに歳を取って、渋みが増してきた今になってみると
ブラッド・ピットやマット・デイモンが進んで舎弟になりがたる気持ちが
よーくわかります。


ま、とゆーことで
チケット売り場で言うのが照れ臭いタイトルになっちゃってますが…

スポーツ好き男子に

特にオススメでーす!




ブログランキング〜
↓夜になって鍋買いに出たら道に迷った。暗いよ寒いよ怖いよー。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2008-11-02 00:35 | すぽぉつ地獄 | Comments(2)
ドカベン(1977・東映)
e0000251_14271642.jpg

DVD買っちゃいました。


いったい何なのよ
この映画の
胸が苦しくなるほどの輝きは

Umm ハートエイクシャインシャイン

眩しすぎて幸せすぎて
そんな自分が怖くなり
思わず一時停止ボタン押しちゃうの

yeah プッシュ!プッシュ!

できることならこの体
分子レベルまで分解して
フィルムの粒子のひとつになって
この映画の一部として
Forever
永遠に生きてゆきたい

そんな気持ちにさせられる
昭和の奇跡『ドカベン』

あなたにも
チェルシーあげたい
あばたにも
エクボーあげたい






ブログランキング〜
↓現在10位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2008-01-30 14:39 | すぽぉつ地獄 | Comments(2)
『2番目のキス』(2005年・アメリカ)
e0000251_14113353.jpg

このご時世、配給会社の人もいろいろ大変だと思うので
いつもこの手のことにはあんまり文句言わないんですけど


この邦題って


どーなのよ?


ドリュー・バリモア主演作のタイトルには今までに

25年目のキス』

50回目のファースト・キス』

ってのがありまして、今回3段落ちのトリとして

2番目のキス』が来たわけです。

(未公開で『百万回のウィンク』ってのもある)

スティーブン・セガールの「沈黙シリーズ」よろしく
「数字シリーズ」で売ろうっちゅー訳ですか?

まったく浸透

してませんからぁぁぁ!!!


おかげで、ファレリー兄弟の新作だということにまったく気づかず
劇場公開時はあっさりスルーしてしまいました。
しかも映画の中には

「2番目のキス」なんてフレーズは一切出てきません。

無茶な邦題つけて、ヒットすりゃいいですよ別に。
これ、思いっきりコケてそうじゃないですか…もう。ぶつぶつ。



で、そんなダメ邦題とは似ても似つかない原題は『Fever Pitch』

原作はニック・ホーンビィ(※)の処女作で
プレミアリーグの強豪チーム

アーセナル

の熱狂的ファン(通は“ガナーズ”と呼ぶ)の男が主人公。

※『アバウト・ア・ボーイ』『ハイ・フィデリティ』と
 ニック・ホーンビィの小説はすべて映画化されている。
 主人公はいつでも「大人になれない男」。



強豪チームと書きましたが、小説の時代背景はほとんど
“プレミアリーグ”という名前ができる前の話。

アーセン・ベンゲル

が監督になって、いい選手が増え
毎年優勝争いをするようになった今のチーム状況とはまったく正反対。
当時のアーセナルといえば

「退屈なプレーと肝心なところでの勝負弱さ」

の代名詞だったのです。

この小説は本国イギリスでも
コリン・ファース主演で一度映画化されたんですが
これがイマイチぱっとしない出来でして
日本ではあえなくビデオスルー。
(邦題『ぼくのプレミア・ライフ』)


で、これをアメリカでリメイクしたのが本作なんですが
こちらはサッカー不毛の地でありますから
当然のこととしてテーマは野球に置き換えられました。
選ばれたチームはといいますと

ボストン・レッドソックス。

なるほど!と私はひざを打ちました。
いや、実は疑問に思ってたんです。
ファレリー兄弟みたいに独自路線を行く監督が
どうしてわざわざリメイクもののオファーを受けたのかなって。

なーんだ。

あの兄弟

ソックスファンなんじゃん。


”バンビーノの呪い”解除記念で
一発映画でも撮っとこーかと、ま、そーゆー訳です。
自分のご贔屓チームをテーマに映画を作れるなら
断る奴ぁいないですよね。


ストーリーには別に驚くような展開はなくて

「私とレッドソックス、どっちが大事なのっ!?」

ってオーソドックスなテーマをのまわりをぐるぐる回ります。
ラブコメとして見るとはなはだ中途半端な出来で
女の子は見ても全然楽しくないと思います。
むしろ男向け。

身につまされる輩は

少なくないでしょう。



えーと、最後にスティーブン・キングのファンにお知らせ。

御大、始球式シーンで2秒だけ登場。

奴さんも好きですな・・・






ブログランキング〜
↓現在4位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2007-02-10 14:38 | すぽぉつ地獄 | Comments(0)
『シンデレラマン』(2005・米)
e0000251_2310775.jpg

きゃ−!大好きよ!

ビバ!貧乏話!

映画を好きになったきっかけが
『鉄道員』だの『自転車泥棒』だのといった
一連のネオ・リアリスモ作品だったこともありまして

基本的に私、貧乏人萌え体質なんです。

(逆にヴィスコンティみたいな、貴族がだらだらしてる映画は苦手)

ただ、貧乏ものにはアル中ヤク中がセットみたいなところがあって
こちらの方はあまり好きではない
とゆーかはっきり言って嫌い。

だからパブへ行っても水しか頼まず
家へ帰ればポッケの中のわずかな日当を
小銭まで残らずテーブルの上に置くこの映画の主人公は
私が長らく待ち望んでいたヒーローでした。
とにかく

家族のために頑張る頑張る頑張る。

映画の前半、主人公が子供を取り戻すために
自分を見捨てたボクシング協会へ行って物乞いをするシーンで

オッサンすでに号泣。

ラッセル・クロウの日頃の素行がいくら悪くても
物語の中でだけは思いっきり応援してしまう。

それが映画ってもんじゃないですか!

レニー・ゼルヴェガー演ずる奥さんの

適度なブス加減がまたよろしい。

やっぱ、貧乏男の嫁はデブ女に限ります。
(レニーはデブっていうよりただの下ぶくれだけど・・・)
金がない上に奥さんがガリガリだったら
それこそ思いっきり不幸な感じになっちゃうじゃないですか。
それにぽっちゃり妻は寒い時

暖房器具としても使えますし。


1日、くたくたになるまで働いて家路につき
ドアを開け「ただいま」とかすれた声で一言。
コートを脱ぎ、ベレー帽を壁にかけていると
後ろからやさしく抱きしめられ
下ぶくれの奥さんが

あなたは私のチャンピオンよ・・・

とささやく。
ああ、私の理想の生活。



そんな嫁どっかに


いませんかね?



つーかまず働けよ自分・・・





ブログランキング〜
↓現在3位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2006-09-24 23:17 | すぽぉつ地獄 | Comments(6)
『ラフ』(2006・東宝)
e0000251_23475925.jpg

『涙そうそう』の予告、みなさんご覧になりましたか?
長澤まさみが兄役の妻夫木聡のことを次のように呼んでおります。

「にぃにぃ」

聞いた瞬間、一瞬にして全身の血液が沸騰。


にぃにぃ・・・
にぃにぃ・・・
にぃにぃ・・・
にぃにぃ・・・
にぃにぃ・・・
にぃにぃ・・・
にぃにぃ・・・

私は『タッチ』の時もわざわざ劇場に行って
瀕死の重傷を負った経験があるのですが
過去のことはすべて忘れました。
前にいかなる障害(ex. あだち充/もこみち)が立ちはだかろうが

私と長澤まさみの間を裂くことは

なんぴとたりともできません!

とゆー訳で『ラフ』公開2日目に特攻かけてきました。


劇場の隣の席に座っていたのは
見たところ小学生の女の子二人組。
「昨日24時間テレビのドラマ見た?」
「見た見た。亀梨くんかわいそうだったねぇ〜泣いちゃった」
「私、何とか我慢した」
「なんで?」
「私って泣くと、次の日ずっと目が一重になっちゃうの」


どーでもええわ!


と心の中で子供相手に鬼のような突っ込みを入れつつ上映開始。

最初の30分ぐらいは辛かったですね・・・
なんつーか、すべてが古くさい。
設定は現代のはずなのに
ウォークマンは出てくるし、携帯は一台も出てこないし
昭和の匂いのする寒いギャグが延々と続く。

80年代で時間が止まったあだち充の脳内

そのままの世界観がスクリーンに展開していきます。
長澤まさみの水着シーン以外は、ほとんど意識を失ってました。
あ、ちなみに意外と巨乳ですね、彼女。
(あやや等と同じく、ファンにとってこの点はあまり重要ではない)

この痛々しいスパイラルが終わったのは
意外なことにノーマークもこみち君の演技がきっかけでした。

お前のことなんか、大っ嫌いだ・・・

と長澤まさみに向かい、目に涙をためて言う彼。
このとき私の脳裏を横切ったのは

デビュー当時の雛形あきこの姿です。


あの頃『めちゃイケ』は私の大フェイバリット番組だったのですが
事務所の力かなんだか知らないが、突然レギュラーになったのが彼女。
これがまぁ、ひどい。
簡単に言うと

人間らしさのかけらもない女。

いや、性格が悪いとかそういうことじゃなくって
なかなか素の自分が出せない人っているじゃないですか。
何聞かれても、当たり障りのない返事しかせず
笑っても怒っても、ことごとく作った顔しかできない人。
当時の雛形がまさにそれで
この番組が大好きだった私はそれこそ怒り心頭でした。
そんな人間失格女がある日

劇的に変わったシーンがあったのです。

ナイナイ岡村が、優等生キャラの雛形にちょっかいを出します。
ここまでは普通だったのですが、これが異常にしつこい。
思うに岡村の中にも、彼女に対するフラストレーションが溜まっていたのでは・・・
その嫌がらせがテレビ的にもぎりぎりに達しようかとしていたその瞬間

雛形がキレました。

素の全力ビンタが岡村の顔面に。

このシーンを見て、私は思わず泣きそうになりました。

ああ、こいつも人間だったんだ・・・

こういう人形じみたキャラクターの人が
殻を破って生の姿を見せる。
こんなにドラマチックな瞬間が人生の中にいくつあることか。


・・・で話を戻しますと(いや例が長いねどーにも)
そのセリフを言ったもこみち君が
私には本気ビンタの雛形のように見えたのです。


もこみち萌え。


そうやっていったんもこみち君目線になってみると
この映画、急に機能し始めました。


映画としては、何のひねりもない
可もなく不可もなしといった、ただのアイドル映画ですが
何かいいもん見たなぁ、と思いながら
あたたかい気持とともに劇場を出ました。

それにしても、もこみち君の体は凄いですね。

ファンの人は

一生ネタにできるでしょう。






ブログランキング〜
↓現在7位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2006-08-28 23:50 | すぽぉつ地獄 | Comments(5)
『GOAL!』(2005年・イギリス/アメリカ)
e0000251_22223822.jpg

最近私のipodでヘヴィーローテーションとなっているクラムボンの『id』
このアルバムの最後の曲「コントラスト」がヤバいです。
聴くたびにもう

涙が止まらんのですよ。

病的な量の涙が後から後から。
杜王町のイタリア料理屋で水飲んだ億泰みたいです。
(わからん人は無視して下さい)
平日の昼間の公園でベンチに座って
密閉式ヘッドホンをかけて号泣している危ない30男がいたら、それは私です・・・

で、本題の『GOAL!』。
FIFA全面サポートのワールドカップ便乗プロパガンダ映画。
特に突っ込みどころもなく、普通に面白く出来ているので
何だか張り合いがありません。
ドイツ本番前の前戯としては、まぁ及第点ではないでしょうか。
みなさんいい感じに

濡らしちゃってください。

個人的には本編よりも、パンフの最後に載っていた
「サッカーをめぐる映画たち」というコラムが嬉しかったです。
名作『勝利への脱出』から始まり、ユン・ピョウの『チャンピオン鷹』
スウェーデン発の『サッカー小僧』、ガイ・リッチーの『ミーン・マシーン』
もう一度見たいぞ『ディディエ』、マーク・ハーマンの『シーズン・チケット』
激レアブータン映画『ザ・カップ』、SMAP主演の失笑映画『シュート!』
そして言わずと知れた『少林サッカー』まで。
サッカー映画って人気のわりに少ないイメージを持っていたのですが
並べてみると結構あるもんですね。

サッカー映画ではないですが、私の印象に強く残っているのが
キアロスタミの『そして人生は続く』。
この映画の中で、大地震で家を失なったテント暮らしの難民達が
必死にアンテナ立てて、ワールドカップの応援をするシーンがあります。
明日の食い物もままならないのに、夢中になってるイラン人たちを見て
「なんかサッカーってすごいよな・・・」と思った記憶があります。

開催まで2週間を切ったワールドカップ。
私は睡眠不足のサラリーマンたちを尻目に
全試合見倒してやるつもりでおります。

嗚呼、ニートでよかった・・・

と思える、4年に一度のチャンス。

世の働きバチたちども

地獄へ堕ちやがれ。


ブログランキング〜
↓現在7位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2006-06-02 22:26 | すぽぉつ地獄 | Comments(10)
過去記事が映画のタイトル順に並んでます
にしかわたく公式HP
毎号表紙マンガを担当
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
パーカー ボールペン...
by パーカー ボールペン at 13:28
It’s hard to..
by David at 08:24
【3連休ポイントアップ祭..
by http://bon at 01:11
高いひずみ以来、それは慢..
by エンポリオアルマーニ 時計 at 09:58
I am genuine..
by クロムハーツ ピアス at 23:47
http://dior_..
by シーバイクロエ ip at 08:05
http://gucci..
by gucciコピー商品 at 09:03
http://gucci..
by ヴィトン ストール コピー at 15:36
柔らかいほんのり塩味のモ..
by パーカー ボールペン 店舗 at 09:11
http://www5...
by ルイヴィトン 長財布コピー at 05:41
最新のトラックバック
2014 Garth B..
from 2014 Garth Bro..
seo services
from seo services
daily fantas..
from daily fantasy ..
CPA Firm Sou..
from CPA Firm South..
kangen
from kangen
Steven Seagal
from Steven Seagal
mrr
from mrr
hunting decals
from hunting decals
custom greek..
from custom greek l..
marijuana re..
from marijuana reci..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧