エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
漫画家Nのイラストと文章で綴る映画な日々

にしかわたく (漫画家)

マンガ家・イラストレーター。生まれて初めて劇場で見た映画は『グリズリー』と『テンタクルズ』の二本立て。
現実逃避のスピードを極限まで加速すればいつか現実を追い越せると信じ、今日もロスト・ハイウェイをひた走る36歳、デブ専。
supported by Happinet
トップ
カテゴリ:お料理地獄( 4 )
『歩いても歩いても』(2008・シネカノン)
e0000251_22564331.jpg

こちらもそろそろ終わっちゃいますけど
この『歩いても歩いても』
ある種の人は絶対に見逃してはいけない1本になっております。
どういうタイプの人が必見かと言いますと…
ずばり

向田邦子フリーク。


監督は是枝裕和。
私は『誰も知らない』でこの人にぞっこんになり
次にどんなものを撮るのか注目していたのですが
こう来ましたか…

日本のお家芸・正統派ホームドラマ。

監督は62年生まれで、私より7つ上。
向田邦子の短いキャリア(しかし中身は異常に濃密)を
丸ごと享受して育った世代です。

向田ドラマを見たことのある人なら嫌でも気づくのですが
この映画、とにかくありとあらゆるところに

向田パーツが満載。

家族の優しさ、有難さ、面倒臭さ、そして残酷さ。
料理にこだわるところも向田邦子の特徴ですし
通奏低音みたいに物語の底の方をずっと流れている
「女の怖さ」というテーマも共通です。
何よりこの映画には
向田ドラマの代名詞ともいえる女優、加藤治子が出演している。
(脇で使うところがまた憎い)
是枝監督は彼女をキャスティングすることで

「向田邦子と比べてください」

とはっきり宣言している訳です。

“オマージュ”とか“リスペクト”とか“パロディ”とか
“ポストモダン”とか“ポップアート”とか“脱構築”とか
この世にはパクリを言い換えする便利な言葉がたくさんありますが

偉大な先人の作品に

あえて正面から勝負を挑む

という是枝監督の根性は
なかなか見上げたもんだと私は思います。

とゆー訳で、向田ドラマ好きでこの映画をまだ見てない人は
あれこれ言わずに劇場へ急いで下さい。
とりあえず、私はめっちゃ泣きました。


ここで終わればすっきりして良いとわかっちゃいるのですが
私の文章から余談を取ったら何も残らないとゆーことで
今日も蛇足情報をひとつ。

今本屋さんに並んでいる
『別冊暮らしの手帖・昭和の味』
というムックの中に

「寺内貫太郎の食卓」

という記事があって、これが凄く面白い。

ドラマの中で寺内家が食べていた朝食のメニューが載っているのですが
昔のお母さんは、朝からこんなにちゃんと料理をしていたんですねぇ…。
素朴なんだけど、めっちゃ食べてみたくなるんすよ。

昨晩の残りの精進揚げの甘辛煮

とかね。

『向田邦子の手紙』の中に
向田が当時、殺人的なスケジュールを縫って
たびたび料理を作っては
恋人に持って行っていたというエピソードが書かれています。
料理も、恋人のことも、ほんとに好きだったんだなぁ…
と、読み返すたびにキュンと来てしまいます。
爆笑太田も言っていましたが、本当にこの人は可愛らしい。

この本の著者でもある向田邦子の妹さんが
赤坂でやっていた小料理屋「ままや」
何年か前に閉店してしまったらしいのですが
行っとけばこーゆーの食べれたんだろうなぁ…うくく。
後悔先に立たずとはこのことであります!





ブログランキング〜
↓みんなの元気をオラに分けてくれ!


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2008-07-16 23:10 | お料理地獄 | Comments(4)
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』(2007・米)
e0000251_23301380.jpg

予告を初めて見たときの印象。

うっわ!

滅茶苦茶つまんなそー!


ティム・バートンとデップのコンビってだけで、もう胃散が喉まで。
もーさすがにいいでしょーよ。どんだけ仲いいんすか。
お得意のダークな色調の絵作りもいい加減飽きたつーの。

このネズミ色大好き男が!

しかもまたもや私の大嫌いなヘレナ・ボナム=カーターが・・・
テメーの女のシュミはわかりやすすぎるんじゃー!
どーせまた目のまわり真っ黒にすんでしょ?え?
気心が通じたメンツばっかり集めて
こってこてのバートン美術にパーツをすっぽり当てはめるだけ。
そりゃ思った通りの映画はできるだろうけど
そんな予定調和いつまでもやってて楽しいんか?

えぇ、楽しいんか、おっさん!

しかも今回はエルフマンの音楽という逃げ道もない。
正直息苦しいんだよもうこんなの毛程も見たくねー!!!


・・・えーコホン。
しかしまぁ、なんですな。
人から映画に誘われて
私のような寂しい男が断るはずもなく。

とゆーわけで私

日本でこの映画見た人の中で

ベスト10に入るくらい懐疑的

だったと思いますよ、たぶん。


んーで上記のような愚痴をぶつぶつ唱えつつ
映画を見始めたんですが・・・

主人公二人が人肉饅頭の相談を
ワルツの三拍子に乗せて軽快に始めるあたりから


もう夢中〜★



サシャ・バロン・コーエンの股間の右寄りっぷりがステキ!とか
(『ボラット』でタイツの中身はすっかりおなじみです)
死体を地下に落とすときの重量感がナイス!とか
昔見たシュレシンジャー/キングスレー版が
ちょうどいいミスリードになってくれたりとか
まぁ色々といい点があったのですが
私がこの映画にハマった一番の理由はおそらく


イカサマ商売って楽しい・・・


ってとこ。
お店やる映画って基本的に大好物なんです。

なんせ材料費がタダだから
作りゃ作る程儲かる人肉ミートパイ。


昨日の農薬混入餃子を始め
図らずも昨年からの数々の食品偽装問題と
タイミング的に完全にクロスオーバー。
この映画のインパクト、日本人には3割増しくらいで届いたでしょう。

やめられないとまらないー

って感じだったんでしょうなぁ
ミートホープも吉兆も・・・。
洒落になってないのは重々承知ですが
いくらでたらめでも、商売がうまくまわって
儲けることが麻薬みたいになる感じ、私は凄く理解できます。


『林真須美の毒入りカレー繁盛記』

って映画が作られたら私は絶対見に行くでしょう。


※イラストの中の映画のタイトルが間違ってますがめんどくさいので放置です。
 突っ込まんといて下さい。







ブログランキング〜
↓現在11位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2008-01-31 23:34 | お料理地獄 | Comments(7)
『タンポポ』(1985年・東宝)
e0000251_0294666.jpg

えー、まいどおなじみの言い訳タイムでございます。

ピーナツ畑で宇宙人にさらわれ・・・
あ、これ前に使いましたね。
銀座で酔っ払って立小便しようとしたら
三丁目のビルの間に時空の裂け目が・・・
あ、これもダメですか。
うーん・・・

いや、実を言うとですね

彼女なんかできちゃいまして!

デートだなんだで忙しくって!

ブログの更新どころの話じゃ!

ないじゃないじゃないじゃない!

・・・・・・・
すいません、嘘です。
今、嘘をつきました。

あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは。


さ、本題行きましょうか(自分でも驚くほど冷たい声)。

久々の更新だから新作でも見たんちゃうのんと思わせといて

伊丹十三の『タンポポ』でございます。

懐かしいですね。
ちょいと訳ありで、先日見直したんですが
この映画、やっぱり面白い。

って、あっさり「面白い」なんて言っちゃいましたが
私の高校時代の友人が今の発言を聞いたら

「ちょっと!ちょっとちょっと!」

と思わず幽体離脱しながら突っ込まずにはいられないでしょう。
なぜなら当時の私はこの映画をボロクソに貶し

「こんなの映画じゃねぇ」

とまで言い切っていたのですから。


84年の伊丹十三の監督デビュー作『お葬式』を痛く気に入りました私。
続く第二作『タンポポ』も劇場へ見に行きまして

超面白!特に桃潰しバァさん最高!

くらいに思ってたんですわ、この時点では。

んだけど翌年でしたかね、この『タンポポ』がテレビ放映されまして。
次の日から、高校でもう大人気なんですよ。
いっつも映画なんか全然見ない奴らが
傑作だあれは傑作だとはやしたてんのを見てたら


持病の天邪鬼がっ!



まぁそんな訳で、私の中では長い間
伊丹十三作品、特にこの『タンポポ』が鬼門だったんですわ。

そんなひねくれた認識が今になって改まったのはですね
最近、飲み会の席でこの映画の話を何度かしたからなんです。
なぜか大抵盛り上がるんですよ、『タンポポ』の話すると。

まずこの映画、何度もテレビ放映されてるので
ほとんどの人が見てますよね。
しかもその上で、どんな人でも
この映画の中に何かしら気になるシーンがあるみたいなんです。
その気になるシーンってのが人によってほんとまちまちで
その理由みたいのを探っていくのがすごく楽しい。
まぁある種の心理テストみたいなもんですよね。
「タンポポ占い」って本書こうかなってくらいの。


映画が撮られてから20年以上たってるのに
いろんなシーンをみんなが覚えていて
きゃっきゃ言いながらその映画の話ができる。

これを傑作と言わずして

なんと言いましょう?


ちなみに私の一番好きなシーンはですね
海女姿の洞口依子の手のひらから
役所広治が牡蠣を食べるシーン。

直接的なベッドシーンなんかより


100倍どエロっす。






ブログランキング〜
↓現在12位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2007-01-23 00:39 | お料理地獄 | Comments(2)
『リストランテの夜』(1996年・アメリカ)
e0000251_0351755.jpg

イタリア移民の兄弟がアメリカはニュージャージーでレストランを営んでいる。
兄(トニー・シャルーブ)がシェフで
弟(スタンリー・トゥッチ)がギャルソン。
兄は料理の腕はピカイチだが、天才にありがちな完璧主義者で
イタリアンの何たるかを理解しようとしないアメリカ人たちを
どうしても許すことができない。
弟は兄とは対称的な現実主義者で、成功を夢見ているが
兄の才能を充分理解し、愛してもいる故に
理想と現実の板挟みになってもがき苦しむ、というお話。

好きなんですわ、この映画。10回近く見てます。
この映画の何が私の心に響くかといいますと

気難しい人間を身内に持った家族の苦労

なんですね。

この映画のお兄さんを見ていると
このブログにもたびたび登場している

うちのパパン

を思い出すのです・・・

タクシーの乗車拒否にあえば、キレて車体をけっ飛ばし

運転手とつかみ合いの喧嘩。

駅のホーム(禁煙)で煙草を吸っているところをサラリーマンに注意され

逆ギレして警察沙汰。

にしかわ家のちゃぶ台はそれこそ

ひっくり返されるために存在していた

と言っても過言ではありません。

こう書くと、どっちかというと『血と骨』のたけしじゃん?という感じですが
実際のパパンは見た目非常に弱そう。そして実際弱い。
過敏で神経質すぎて暴発するタイプと言えましょう。
なまじ純粋だったりするので始末が悪い。
(ちなみに母親の方も、暴力を堪え忍ぶ鈴木京香タイプとはほど遠く
父親の後頭部を百科事典で思いっ切り殴打したりできる強い人です・・・)

身内のことをこんな風に言うのも何ですが

筋金入りのダメ人間。

こういう人間を身内に持ちますと、日常生活に苦労が絶えません。
だいたい、30過ぎの男のブログに
こんな頻度で親の話が出てくること自体異常。
トラウマとはこういうことを言うのです。
お察し下さいませ・・・。

とゆーわけで、私と同じように家族内にトラブルメーカーを抱えている方には
この映画、超オススメ。

見てると苦い涙がいっぱい出ます。


ブログランキング〜
↓パスタとリゾット一緒に注文しちゃったことのある人はクリック。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2006-01-20 22:59 | お料理地獄 | Comments(8)
過去記事が映画のタイトル順に並んでます
にしかわたく公式HP
毎号表紙マンガを担当
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
パーカー ボールペン...
by パーカー ボールペン at 13:28
It’s hard to..
by David at 08:24
【3連休ポイントアップ祭..
by http://bon at 01:11
高いひずみ以来、それは慢..
by エンポリオアルマーニ 時計 at 09:58
I am genuine..
by クロムハーツ ピアス at 23:47
http://dior_..
by シーバイクロエ ip at 08:05
http://gucci..
by gucciコピー商品 at 09:03
http://gucci..
by ヴィトン ストール コピー at 15:36
柔らかいほんのり塩味のモ..
by パーカー ボールペン 店舗 at 09:11
http://www5...
by ルイヴィトン 長財布コピー at 05:41
最新のトラックバック
2014 Garth B..
from 2014 Garth Bro..
seo services
from seo services
daily fantas..
from daily fantasy ..
CPA Firm Sou..
from CPA Firm South..
kangen
from kangen
Steven Seagal
from Steven Seagal
mrr
from mrr
hunting decals
from hunting decals
custom greek..
from custom greek l..
marijuana re..
from marijuana reci..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧