エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
漫画家Nのイラストと文章で綴る映画な日々

にしかわたく (漫画家)

マンガ家・イラストレーター。生まれて初めて劇場で見た映画は『グリズリー』と『テンタクルズ』の二本立て。
現実逃避のスピードを極限まで加速すればいつか現実を追い越せると信じ、今日もロスト・ハイウェイをひた走る36歳、デブ専。
supported by Happinet
トップ
カテゴリ:裁判地獄( 2 )
『それでもボクはやってない』(2007年・アルタミラピクチャーズ)
e0000251_2326175.jpg

地味な映画なのに
2時間半、1度も時計を見ませんでした。

ええそれはもう

評判通りの面白さ。

まぁとりあえず見て損はありませんので
みなさまどうぞ劇場までお出かけ下さいませ。



・・・さ、下手糞な映画評はこのくらいにいたしまして
早速私どもの専門分野の方へ参りましょうかね。

この映画の中で
痴漢の容疑がかけられた主人公のアパートからあるブツが発見され
不利な証拠として裁判に提出されるというシーンがあります。

“痴漢もの”AV。


人生、いざという時のエログッズの処理。

世のすべての男性にとって、永遠のテーマであります。
今日はこの場をお借りいたしまして
男の劣情が最期の眠りにつく逆パワー・スポット


「エロ捨て山」


について考察してみようと思います。


みなさんは「エロ捨て山伝説」を聞いたことがあるでしょうか。
昔々、貧しい農民たちが
口減らしのために山や河原にエロ本を捨てたという
あの悲しい伝説です。

e0000251_23263229.jpg


これは数年前
私が山梨県でのフィールドワークで採取した貴重なサンプルですが
この1枚の写真からだけでも、様々なことが読み取れます。

・持ち主の青年(少年)の在りし日のフィーバーぶり。
・ある日突然彼を襲った、虚無感と罪悪感。
・エロ本を自転車のカゴに載せた彼が、夕闇の中青ざめた顔で疾走する姿。
・自らのエロス履歴を抹消したはいいが
 ちょっと惜しくなり、立ち去る前にしばししゃがみ見。


注目すべきは
これら自然の中に捨てられたエログッズが

次の世代へのバトンタッチ

の役割をも果たしていること。
思い出してみて下さい。
私たちのエロスのスタートラインは
コンビニの本棚でもビデオ屋のアダルトコーナーでもなく
空き地に捨てられたエロ本だったという事実を。
このような一種の

”エロ生態系”

が自然に次代のエロの担い手を育て上げて行くのです。


枯れた雑草と雨でパリパリになったグラビアページ・・・
これはもう日本の風物詩と言って差し支えありません。
松尾芭蕉なら、次のように歌ったことでしょう。

エロ本や

つわものどもの

汁の跡




さて、ここで私自身を振り返ってみますと
6年前にパソコンを買って以来

エログッズ総デジタル化時代へと突入しました。

ネットで拾って来た動画でハードディスクがいっぱいになりますと
(これがあっという間なんですわ)
データをゴミ箱へ移動、コマンド・・・削除。
あっさりしたもんです。

昔日に感じた罪悪感と
その裏返しの興奮
喉を焼く草いきれと
やけに重い自転車のペダル
ドス赤い夕焼けと
いつの間にか光っていた一番星


そんな熱く暗い気持ちからは
ずいぶん遠い場所へ来てしまったように感じていました。

しかし先日、飲み会でこんな話をしていたところ
ある人が私に向かって衝撃的な一言を放ちました。


サイバー空間のどこかには


”バーチャルエロ捨て山”


が存在するのではないか?



………………………………………………………………………………
その瞬間、私は本当に見えたような気がしたんです。

エロ本やエロDVDが積み重なった山のてっぺんで
仁王立ちしているローレンス・フィッシュバーンの姿が・・・

ゴミの中から拾ったSMグッズとボンデージ服を
試着してみているキャリー・アン・モスの姿が・・・

1000人に分裂した姿で
全員まったく同じタイミングで激しい自慰行為にふけっている
ヒューゴ・ウィーヴィングの姿が・・・

そしてバーチャル空間のエロ捨て山のふもとに
エロ本の入ったダンボール箱を抱えて
不安げな表情でたたずむキアヌ・リーヴス。
彼がサングラスを外すと
そこには・・・


私の顔が


ありました。





ブログランキング〜
↓現在11位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2007-01-25 00:00 | 裁判地獄 | Comments(2)
『スタンドアップ』(2005年・アメリカ)
e0000251_0211211.jpg

ネット上の感想を色々見ましたが、みなさん大抵誉めておられます。
う〜む・・・・・・

駄作でしょう、これ。

アメリカ初のセクハラ訴訟に勝った
実在のシングルマザーをモデルにした実録もの。
『モンスター』に続き、体当たり演技のシャリーズ・セロンの他
フランシス・マクドーマンド、シシー・スペイセク
実力派オスカー女優が3人揃い踏みと好条件ばかりなのですが・・・

う〜ん、つまらん。

確かにこの映画で描かれるセクハラ(というかほとんど暴行・虐待)は
口で言うのが忌まわしいほどひどいんだけれども
それを観客に向かってきちんと伝えなければいけない脚本が
どーにも薄っぺらい。
テーマの重さに映画が負けた見本ではないでしょうか。

私はハリウッドが世界に誇れるジャンルって
アクション大作でもSFでもなく、裁判劇だと思っています。
「訴訟の国」だからなのか、アメリカ映画に法廷が出てくると
どんな駄作でも見てるとそれなりに盛り上がるもんです。
が、この映画の後半の裁判シーンの陳腐さにはかなり呆れました。

あんな弁護士、即クビです。

この映画、とにかくご都合主義のオンパレードで
他にも突っ込みたい箇所は山ほどあります。
「だって本当にあった話なんだからしょーがないだろ」
という言い訳がまかり通ってはいけないと思います。

なら映画にすんな!

と言いたい。

ただ、ひとつ気になるのは
この映画を批判してる自分の性別が「男」であること。
女性の目から見たら、やはり切実さの度合いが違うのでは?
という疑いは多少あります。
しかもこのブログ、隅から隅までセクハラ発言の宝庫。

えーえーいいですとも

セクハラ爺ぃと呼んで下さいまし!


ブログランキング〜
「シャリーズ・セロン、二匹めの泥鰌をつかみ損ねる」
↓説にご賛同いただける方はクリック願います。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2006-01-16 23:59 | 裁判地獄 | Comments(8)
過去記事が映画のタイトル順に並んでます
にしかわたく公式HP
毎号表紙マンガを担当
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
パーカー ボールペン...
by パーカー ボールペン at 13:28
It’s hard to..
by David at 08:24
【3連休ポイントアップ祭..
by http://bon at 01:11
高いひずみ以来、それは慢..
by エンポリオアルマーニ 時計 at 09:58
I am genuine..
by クロムハーツ ピアス at 23:47
http://dior_..
by シーバイクロエ ip at 08:05
http://gucci..
by gucciコピー商品 at 09:03
http://gucci..
by ヴィトン ストール コピー at 15:36
柔らかいほんのり塩味のモ..
by パーカー ボールペン 店舗 at 09:11
http://www5...
by ルイヴィトン 長財布コピー at 05:41
最新のトラックバック
2014 Garth B..
from 2014 Garth Bro..
seo services
from seo services
daily fantas..
from daily fantasy ..
CPA Firm Sou..
from CPA Firm South..
kangen
from kangen
Steven Seagal
from Steven Seagal
mrr
from mrr
hunting decals
from hunting decals
custom greek..
from custom greek l..
marijuana re..
from marijuana reci..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧