エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
漫画家Nのイラストと文章で綴る映画な日々

にしかわたく (漫画家)

マンガ家・イラストレーター。生まれて初めて劇場で見た映画は『グリズリー』と『テンタクルズ』の二本立て。
現実逃避のスピードを極限まで加速すればいつか現実を追い越せると信じ、今日もロスト・ハイウェイをひた走る36歳、デブ専。
supported by Happinet
トップ
カテゴリ:映画雑感( 45 )
鬼太郎実写映画化。
e0000251_14162646.jpg

和製ファンタジーの最高峰といえば
言わずと知れた『ゲゲゲの鬼太郎』ですが
松竹による実写映画化が決定したそうです。

主演・・・ウェンツ瑛士。

ただでさえ原作ファンからブーイングが起きそうな企画なのに
ハーフの鬼太郎とはこれいかに。

・・・が、実を言いますと
鬼太郎に関しましては私、
個人的にもっと罰当たりな映画化を考えておったのです。

ハリウッド映画化。

鬼太郎役は、変な役には後先考えずすぐ食い付くあの人
今をときめく

ジョニー・デップ。

似合う〜!きっと似合う〜!たぶん似合う〜!
主演がデップとくれば監督はもう決まってますね。
変態映像作家ティム・バートンです。
キッチュに映像化された墓場の運動会が瞼に浮かんできます。

その他の配役

ねずみ男・・・・スティーブ・ブシェミ(ベタと言われようがこいつしかいない)
目玉の親父・・・ゲーリー・オールドマン(全裸にかぶりもの。好きそう)
子泣き爺ぃ・・・モーガン・フリーマン(ナマ足がまぶしい)
砂かけ婆ぁ・・・アン・バンクロフト(大御所)
猫娘・・・・・・フェアルーザ・バーク(『D.N.A.』の肉食獣役がサイコーだった)
一反木綿・・・・ジャック・ブラック(をCGで1ミリ厚に)
ぬりかべ・・・・ヴィン・ディーゼル(壁から顔だけ出てる。観光地によくある)

どーですかみなさん。
この映画見たくありませんか?
見たいに決まってます!見たい見たい見たぁい〜!

私はこのアイデアを思いついた10年前から毎日欠かさず
夜寝る前にハリウッドの方角へ向かって
この鬼太郎映画化企画をテレパシーで送っておるのですが
いっこうに成果があがらないうちに、松竹に先を越されてしまいました・・・
いや、今からでも遅くない!
みんなで力を合わせてテレパシーを送るのです!

UFOはきっと来ます!


ブログランキング〜
↓現在9位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2006-05-10 14:23 | 映画雑感 | Comments(14)
ソニン vs 柴咲コウ 南海の大決闘
e0000251_2373567.jpg

最近とんとテレビで姿を見かけないのですが・・・

ソニンは今何をしてるのでしょう?

EE JUMPが例の事件でポシャった後
崖っぷちを合い言葉に
自虐的な感じで売ってたあたりまではまだよかったのですが
レコード会社移籍あたりから、本当の崖っぷちに・・・
この流れは完全に
芸能界、ぎりぎりのところまで追い込まれ
一発逆転を狙ってヘアヌード写真集を出した後
何事もなかったかのようにフェイドアウトしていくという
中途半端なアイドルの末路の
典型的なパターンにはまりつつあるように見えます。

日本全国の肩幅フェチのみなさん!

ソニンという類い希なる逸材を
このまま芸能界から去らせてしまっていいのですか?

否。断じて否。

あの永井豪のマンガみたいな肩幅を生かす場所はないものか・・・
道はひとつしか残されていません。

闘え!闘うんだソニン!

監督を三池崇史に頼んで
『殺し屋1』の女版を作るというのはどうでしょうか。
ソニンの体格を持ってすれば
素手で人間を殴り殺すキャラクターを演じることは造作もありません。
てゆーかそんな役をやれるのはソニンしかいない!
個人的にはニッカボッカ姿が見てみたい・・・。

強力なライバル役として

当代きっての殺人鬼女優・柴咲コウ

が出演。
もちろん武器は鎌です。

ちょ、超見てぇこの映画・・・
早くも私の頭の中で

脳内レイトショーが始まっております。


・・・と書いてしまった後で言うのも何ですが
ソニンの写真探してたら
ソフトオンデマンドのがなり社長がテリー伊藤と組んで作った
『あゝ!一軒家プロレス』(橋本真也の遺作)で
ソニンが格闘シーンを演じていたことが判明。
ソッコー見てみますぅ〜


ブログランキング〜
↓現在3位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2006-04-26 23:59 | 映画雑感 | Comments(4)
ごめんなさい。
e0000251_1395659.jpg

『レアル・ザ・ムービー』より
『バルサ・ザ・ムービー』が見てみたいと思う今日この頃。


ブログランキング〜
↓現在4位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2006-04-09 13:11 | 映画雑感 | Comments(3)
すいません。
e0000251_21465858.jpg

出来心なんです
許して下さい


ブログランキング〜
↓現在4位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2006-04-08 21:47 | 映画雑感 | Comments(2)
シネマバー ザ・グリソムギャング
e0000251_2155774.jpg

今日は取材をかねて、以前から気になっていた
川崎市麻生区の

シネマバー ザ・グリソムギャング

に行って参りました。(HPはこちら

映画が見れるバーってことで
プロジェクターかなんかで見せられるのかなと思っていたのですが
席数は21と少なめながら
35ミリの映写機とドルビーサラウンドを備えた
れっきとした映画館でした。

今日かかっていたのはエド・ウッドの『怪物の花嫁』。
映画については仕事で書くことになると思うので省略しますが
クスリ漬けの老体にむち打つような
ベラ・ルゴシの熱演に感涙いたしました。
(映画チャージは1ドリンク付きで1000円と格安)

それにしてもですね・・・
ちょっと早めに着いて、バーで一服。
上映時間になると店の人に連れられて隣の劇場へ。
映画が終わるとまたバーへ戻り
他のお客さんやマスターたちと飲みながら映画の感想を語り合う。

これ、映画好きには天国ですよ。

近所だったら絶対常連になっちゃうなぁ・・・

いつもならこんなことしないんですが
今日は感激の余り支配人の西村さんにインタビューを試み
亡くなる前年にトークショーをされに来た石井輝男監督の話や
倒産したケイブルホーグへフィルムを買い取りにいった話など
面白いエピソードをたくさん聞かせていただきました。
西村さん、お忙しいところどうもありがとうございました。
とりあえず、4月のヘルツォーク特集には必ず行きますんで。

来週はSABU監督のトークショーがあるらしいです。
ファンの方は行かないと損しますよ〜


ブログランキング〜
↓あしなが募金、よろしくお願いしま〜す!


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2006-02-19 21:58 | 映画雑感 | Comments(7)
下品バディof the year
e0000251_2244497.jpg

今日は締切前なのでお休み
にするつもりだったのですが
見てしまいました・・・

TBCのサニエCM!!!

リュディヴィーヌ・サニエ。
オゾン映画で馬鹿女を演じ続ける、フランス産エロテロリスト。
2000年の『焼け石に水』で
ティーンにあるまじき腐敗しきった体を惜しげなく開陳。
ここで披露した脱力馬鹿ダンスで、世界中の男のハートを射止める。
フランスを代表する新旧7人の女優と共演した
2002年の『8人の女たち』を経て
2003年の『スイミング・プール』では
伝説の女優・シャーロット“愛の嵐”ランプリングの向こうを張り
天性の馬鹿フェイスと体の迫力だけで競り勝つというミラクルを達成。

この年、私が選定した

下品バディof the year

を見事受賞した、21性器をしょって立つ逸材なのです。

ハリウッド進出を果たした『ピーターパン』のティンカーベル役以来
サニエ嬢のオパーイが拝めず悶々としていたのですが
まさか日本のお茶の間で再会できるとは。TBCナイスアシスト!
次のバージョンでは露出度がきっと上がる・・・
いや、上がらざるを得んでしょう。

写真集出してくれ。買う。即買う。


ブログランキング〜
↓サニエ嬢の新作が待ちきれないあなたはクリック。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2006-01-21 22:46 | 映画雑感 | Comments(6)
女子放尿映画大募集
突然ですが、みなさまのお力を拝借したい。

女子の放尿シーンがある映画を

教えてください〜!!!

理由は特にありません。
私が突如、猛烈に見たくなっただけでございます。
心当たりのある方は、コメント欄にてご報告下さいませ。

● 基本的に一般映画を対象といたしますが
  特に素敵なシチュエーションの場合は成人映画も可とします。
● 脱糞シーンに関してはまたの機会をお待ち下さい。
● 男子の放尿はたくさんありそうなのでご遠慮下さい。
● 花も恥じらう乙女の方は、匿名でけっこうです。
● 屋外の場合は、高ポイントです。
● 映画が思い付かなくても、女子の放尿に関してご意見のある方は
  その思いのたけを書き込んで下さい。

今のところ、某M氏により『シッピング・ニュース』のジュディ・デンチ爆音放尿シーンが報告されております。
私自身は情けないことに、ひとつも思い出せません・・・。
『ルー・サロメ』という映画にかなりすごいシーンがあるらしいのですが、未確認。

私、個人的に女子の放尿には並々ならぬ思い入れがありまして
映画ではないのですが、
太宰治の『斜陽』
つげ義春の『隣の女』
がマイ・ベスト・放尿シーンでございます。

応募された作品に関しては
後日にしかわが責任をもってきっちりチェックいたしまして

イラストにして

アップしたいと思います。

みなさまのご応募、お待ちしております〜!


ブログランキング〜
↓「人類みな変態」と思う方はクリック。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2006-01-17 23:59 | 映画雑感 | Comments(64)
浅草東宝、閉館へ
e0000251_23202567.jpg

日本全国にエロスの嵐が吹き荒れたイブの夜
独り身の私は当然のごとく

映画館におりました。

浅草東宝オールナイト
映画無礼講〜人間は一晩にどの位盛り上がれるのか?〜
「今晩に限り、拍手・喝采・合唱・突っ込み自由です」

『ピンクレディーの活動大写真』(1978)
『幻の湖』(1982)
『ゴジラ対ヘドラ』(1971)
『君も出世できる』(1964)

観客は100人弱ほどでしたでしょうか。
(うち1〜2割は寝に来たホームレス・・・)
場内に息苦しいほど充満するモテないオーラ。
「クリスマス」の「ク」の字もありません。
この観客の中だけで

確実にブサンボマスターが

30組くらい組めます。

笑い、歌い、不条理にもだえた熱い一夜でした。
個々の作品のレビューは明日以降やりたいと思います。

で、問題はですね・・・

浅草東宝、1月末日にて閉館

なんですよ!
もともと洋画専門だった私が邦画の面白さに目覚めたのは
この劇場のおかげと言っても過言ではないです。
毎土曜、ここのオールナイトがあるというだけで
どれだけ心が安まったことか・・・
確かに前時代的な映画館でした。
邦画黄金期の名残である大きすぎるキャパ。
椅子も固いし、床の勾配もほとんどなく、トイレも汚い。
しかしその時代から取り残された感じが
シネコンなんかでは味わえないワンアンドオンリーの魅力なのでした。
昭和の香りをたたえた映画館がまたひとつ消えます。

本当にこれでいいのか、東京。


ブログランキング〜
↓1日1回クリックお願いしますぅ。
今日ママンが死んだ・・・


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2005-12-25 23:21 | 映画雑感 | Comments(5)
恋文
e0000251_23293836.jpg

愛しのキャシーさま

今年は劇場でお会いすることができませんでしたが
お元気でお過ごしでしょうか。
あなたの新作を見れない寂しい日々を
このような写真で自らを慰め耐え続けている
哀れな男が極東の地にいることを
どうか、覚えておいてください。

何となく今日は一人でいたくない
そんな冬の夕暮れには
電話の1本もかけてください。
わたくしが飛んでまいります。

あなたの奴隷こと
にしかわたく
090-1868-××××


ブログランキング〜
↓1日1回クリックお願いします。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2005-12-17 23:30 | 映画雑感 | Comments(3)
牛頭に会う。
e0000251_220187.jpg

先週、さる飲み会で映画評論家の

塩田時敏さん

に会いました。

塩田さんは三池映画の常連なことで有名ですが
以前このブログで取りあげた性器の傑作
わたくし的次世代に伝えたい映画ランキング第1位の
『極道恐怖大劇場 牛頭』
で(ある意味)主演をつとめた方。
すなわち、タイトルロールの「牛頭」役であります。

私は思い切って塩田さんに
以前から聞きたかった質問を投げかけてみました。

「あのブリーフは自前ですか?」

三池映画のリアリズムへのこだわりはつとに有名で
『殺し屋1』のオープニングに出てきた大量のザーメンは
スタッフ一同、協力して出し合った本物。※
牛頭がはいていたブリーフの、あのフィット感
絶妙な染みのつき具合から判断して
あれは1週間はき続けた自前のブリーフに違いなかろうと、
私はにらんでいたのです。

「いえいえ、あれは衣装ですよ」
と軽くいなされましたが
そのとき眼鏡の奥で、塩田さんの瞳がキラリと光ったのを
私は見逃しませんでした。

そうなんですね、塩田さん・・・

で、飲み会の帰り道、あることに思い当たり
私は大変後悔しました。

ブリーフにサインもらうんだったぁ!


※このザーメンについてはダウンタウンの松ちゃんが
 連載してる映画評の中で「あれは嘘っぽかった」と書いています。
 本物って、意外と本物に見えないものなんですね。


ブログランキング〜
↓1日1回クリックお願いします。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2005-12-12 22:02 | 映画雑感 | Comments(4)
過去記事が映画のタイトル順に並んでます
にしかわたく公式HP
毎号表紙マンガを担当
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
パーカー ボールペン...
by パーカー ボールペン at 13:28
It’s hard to..
by David at 08:24
【3連休ポイントアップ祭..
by http://bon at 01:11
高いひずみ以来、それは慢..
by エンポリオアルマーニ 時計 at 09:58
I am genuine..
by クロムハーツ ピアス at 23:47
http://dior_..
by シーバイクロエ ip at 08:05
http://gucci..
by gucciコピー商品 at 09:03
http://gucci..
by ヴィトン ストール コピー at 15:36
柔らかいほんのり塩味のモ..
by パーカー ボールペン 店舗 at 09:11
http://www5...
by ルイヴィトン 長財布コピー at 05:41
最新のトラックバック
2014 Garth B..
from 2014 Garth Bro..
seo services
from seo services
daily fantas..
from daily fantasy ..
CPA Firm Sou..
from CPA Firm South..
kangen
from kangen
Steven Seagal
from Steven Seagal
mrr
from mrr
hunting decals
from hunting decals
custom greek..
from custom greek l..
marijuana re..
from marijuana reci..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧