エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
漫画家Nのイラストと文章で綴る映画な日々

にしかわたく (漫画家)

マンガ家・イラストレーター。生まれて初めて劇場で見た映画は『グリズリー』と『テンタクルズ』の二本立て。
現実逃避のスピードを極限まで加速すればいつか現実を追い越せると信じ、今日もロスト・ハイウェイをひた走る36歳、デブ専。
supported by Happinet
トップ
『ぐるりのこと。』(2008・ビターズエンド)
e0000251_036213.jpg

私の住んでいる所沢から、西武線に20分ばかり乗りまして
本川越駅で降り、喜多院方向に10分ほど歩きますと
蔵作りの古い町並みが見えてきます。
有名な「時の鐘」の横道をちょちょっと入って、角を1つ2つ曲がりますと
路地の奥に、かわいらしい映画館がちんまりとおさまっています。

川越スカラ座。

e0000251_0363987.jpg

シネコンの台頭に押されて一端は閉館に至るも、市民運営というかたちで復活。
独自のラインナップで良心的な映画を上映しつつ
ときには映画監督を招いてイベントを開くなど
文化の最果て・埼玉県とは思えない、素敵な映画館です。

私がこの映画館のことを知ったのは
映画ブログランキングでおなじみの「セガール気分で逢いましょう」。
このブログで、川越スカラ座で先日開かれた
『歩いても歩いても』の是枝監督のトークショーの記事を読んだんです。
映画評論とゆーものをまともに読んだことのない私が言うのもなんですが
このブログ、映画に対する謙虚な姿勢にいつも頭が下がるってゆーか
「こーゆー人を本物の映画評論家ってゆーんだよなー」と
読むたびに自分の有様を省み、恥じ入っております訳で。

近所にこんな気の利いた劇場があるのに行かない手はないと思っていた矢先
ロードショーで見逃した『ぐるりのこと。』が上映されるというので
今回、わくわくしながら馳せ参じたという訳なのでございます。


さて、肝心の映画の感想ですが
頭が混乱していてちょっと一筋縄では…
てなことを言っていても話にならないので
先行きは暗いですが、とりあえずもがいてみましょうかね。

ひょんなことから法廷画家になったカナオ(リリー・フランキー)は
編集社に勤める恋人・翔子(木村多江)が妊娠したことから、結婚。
しかし生まれた赤ん坊が程なくして死んでしまい
翔子の精神状態がだんだんと怪しくなっていく。
一方カナオはカナオで数々の不条理な事件の裁判に立会い
(宮崎勤、オウムサリン事件、音羽幼女殺害事件、宅間守など
 バブル以降の日本で実際に起きた事件がモデルになっている)
時代の闇にやりきれない思いを抱えることになる。
この夫婦、果たして大丈夫かにゃー?


…ってのがあらすじです。

映画の冒頭、カナオと翔子それぞれの昼の生活が映され
その後にマンションで夫婦が2人きりになるシーンがあるんですが

コレがいきなり辛い。

門限を破ったことを翔子にぐちぐちとなじられるカナオ。
ひとしきり怒った後、何のクッションもなく

カーンチ、セックスしよ!(違う…何か違う…)

と言い始める翔子。
この夫婦、セックスするのは週3回と決まっていて
しかも曜日まできっちり指定されているのです。
「帰ってきたらいきなりバナナ食いながら怒ってんだもん。
 お前さぁ、それじゃ勃つものの勃たねぇよ…」と
男としては至極もっともな文句を言うカナオでしたが
なんだかんだで丸め込まれ、寝室へ。
その後

アナルに指入れられて翔子が激怒

ってゆー、いつもの私だったら爆笑間違いなしの展開が続くのですが
2人の刺々しい空気をあまりに共有してしまったせいで
笑うどころではありません。

彼女いない歴もずいぶんになる私ですが

女の子と2人きりで向き合うって

こんなに辛かったっけ?

こんな目にあうんだったら、いっそのこと一生ひとりでいいや…
とすっかり「人嫌いモード」に入ってしまいました。


もう一方の軸、「バブル以降の日本が抱える闇」の方ですが
こーゆー社会を包む暗い空気が
じわじわ日常生活を侵食していく感じは
ここのところの私も痛感していることでして
こちらはこちらでまた、いたたまれない。


全体的なことを言いますと
この監督がいっちゃん凄いのは

ディティールを切り取る能力

ではないかと。
暗いシーンにしろ明るいシーンにしろ
観客がはっとするような光景をいくつもいくつも切り取って見せてくる。
ひとつひとつは奇抜なシーンでも何でもないのに
映画の文脈の中で見ると、非常に効果的なんですね。

例えば
「流しに撒き散らされた米」であったり
「幼児殺しの犯人の履物」であったり
「縁側に向かって尼さんと食べるアイスキャンディー」であったり
「2人でかじるベランダ菜園のトマト」であったり。

こーゆーセンス見せつけられちゃった後だと
『おくりびと』のモッ君田園チェロ弾きシーンなんかは
やっぱいくぶん安く見えちゃいますかね…。


最終的には物語は明るいほうへ進むので
前半のダメージを何とか相殺できた私は、ほっとしました。
あの辛い空気を抱えたまんま現実に放り出されたら

彼女いない歴が10年は延びることは確実。

いやーよかったよかった。
(だからと言って彼女ができる訳ではないですが…)


映画が終わったら外は雨。
見た目ほとんどホームレスの私に傘を貸してくれたもぎり嬢のお姉さん

あなたは天使です…。


e0000251_0365757.jpg
川越で発見した、時代の最先端を行く煎餅。





ブログランキング〜
↓徹夜明けの試写3レンチャンをなんとか寝ずに乗り切る。ありがとう眠眠打破。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2008-10-11 00:48 | 映画雑感 | Comments(12)
Commented by kamikitazawa at 2008-10-11 06:18 x
で、木村‘日本一ソソるサチウス顔’多江はビーチク出してるんですか?!どうなんですか?!どうです?!どう?!どうなんだよぉ!!
Commented by at 2008-10-11 07:02 x
7年前ぐらいまで此処の近所に住んでいて良く行ってました。
たまにフィルムつなぎ忘れて画面真っ暗になる事もあるノンビリとした映画館でした。発狂くん買いました?

辛くて食べにくい場合適度に砕いてうどんの薬味にして食べるとイイですよ。
Commented by taku-nishikawa at 2008-10-12 12:43
kamikitazawaさま
乳首・・・見えてる?いや見えてない?
みたいな微妙なシーンが1つだけありました。
リリー・フランキーの尻はばっちり映ってますが。
しかし木村多江にここまで食い付いている方がいるとは・・・
女性の好みは人それぞれですなぁ。
Commented by taku-nishikawa at 2008-10-12 12:46
隼さま
経営者が変わる前の話ですね。
昔は川越にもうひとつ「ホームランシアター」(笑)ってハコが
あったらしいですね。

発狂くん、運悪くお店が定休日だったんですよ〜。
次回行ったときは絶対買います。
お菓子の世界に放送コードはないということを思い知らされました。
Commented by Ushizu Atsunobu at 2008-10-12 14:51 x
にしかわさま

初めましてコメントさせていただきます。「セガール気分で逢いましょう」というブログを書きつづっている者です。これまでにも幾度となく触れていたにしかわさんのブログでまさか自分のブログの名が登場しようとは夢にも思わず、これほど嬉しいことはありませんでした。

しかもにしかわさんのスカラ座漫遊記まで拝めるとは・・・この劇場が持つ強烈な磁場を感じずにはいられません(笑)。しかもチケットもぎり嬢、「やってくれるぜ!」的なイキな対応ですね。あらためてスカラ座のことが大好きになりました。

これからも叫び続けたいです。

「スカラ座、大好きだー!」

今後とも、にしかわさんのブログ&各種お仕事、楽しみに拝見しております!
Commented by とくもり at 2008-10-12 15:15 x
にしかわ様こんにちは。
以前「コドモのコドモ」でこの映画のことを伺ったとくもりと申します。
ついにごらんになりましたか!あまりに的確な、秀逸な映画評に脱帽しております!にしかわ様ってステキ!
・・ところで恥ずかしながら私この映画にエキストラとして参加しておりまして、1秒ほど映っております。中華料理屋さんでの会食のシーンでしたが、多分全体で5分ぐらいのシーンで丸1日撮影に費やしていましたので、確かに橋口監督のディティールに対するこだわりって、ハンパないかもしれません。リリーさんもリテイクの度にエビチリを10回以上食べてましたので・・
P.S、今度はぜひハッシュ!や渚のシンドバッドの評論もお願いいたします!
Commented by まっしゅ at 2008-10-13 10:48 x
何だかスゴイお話。
Commented by taku-nishikawa at 2008-10-13 22:30
Ushizu Atsunobu さま
ああ、はじめまして!わざわざコメントどうもありがとうございます。
勝手にブログの名前出してしまいましてすいません。ファンなもので。

それにしても川越スカラ座、ホントにいい映画館ですねー。
小江戸の古い町並みの路地裏に
ちんまり収まっているあのたたずまいがたまりませんでした。
帰りに寄った近所の喫茶店「あぶりコーヒー」もおいしかったです。

これからもブログ、楽しみに読ませていただきます。
Commented by taku-nishikawa at 2008-10-13 22:36
とくもりさま
いえいえ、私のは映画評でもなんでもない、ただの感想ですから・・・。

へー、エキストラですか。
橋口監督、パンフを読むとなかなか演技指導とかキビシそうですね。
綿密なリハーサルを行うだけじゃなくて
主人公2人の大学時代の設定でセッションを繰り返したとか。
そうやってあのリアリティが出るのか~映画ってすごいなぁ。

「渚のシンドバッド」そのうち見てみようと思ってます~。
Commented by taku-nishikawa at 2008-10-13 22:36
まっしゅさま
何がスゴイんですか。
Commented by 埼玉県民 at 2008-10-31 11:55 x
文化の最果てで悪かったですね(怒)
Commented by taku-nishikawa at 2008-10-31 21:38
埼玉県民さま
あああ申し訳ないです~。
川越スカラ座の素晴らしさを強調したいがために
つい口が滑ったとゆーことで、お許しください。
市民が連名で運営してる映画館なんて、東京にもありませんからね。
過去記事が映画のタイトル順に並んでます
にしかわたく公式HP
毎号表紙マンガを担当
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
パーカー ボールペン...
by パーカー ボールペン at 13:28
It’s hard to..
by David at 08:24
【3連休ポイントアップ祭..
by http://bon at 01:11
高いひずみ以来、それは慢..
by エンポリオアルマーニ 時計 at 09:58
I am genuine..
by クロムハーツ ピアス at 23:47
http://dior_..
by シーバイクロエ ip at 08:05
http://gucci..
by gucciコピー商品 at 09:03
http://gucci..
by ヴィトン ストール コピー at 15:36
柔らかいほんのり塩味のモ..
by パーカー ボールペン 店舗 at 09:11
http://www5...
by ルイヴィトン 長財布コピー at 05:41
最新のトラックバック
2014 Garth B..
from 2014 Garth Bro..
seo services
from seo services
daily fantas..
from daily fantasy ..
CPA Firm Sou..
from CPA Firm South..
kangen
from kangen
Steven Seagal
from Steven Seagal
mrr
from mrr
hunting decals
from hunting decals
custom greek..
from custom greek l..
marijuana re..
from marijuana reci..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧