エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
漫画家Nのイラストと文章で綴る映画な日々

にしかわたく (漫画家)

マンガ家・イラストレーター。生まれて初めて劇場で見た映画は『グリズリー』と『テンタクルズ』の二本立て。
現実逃避のスピードを極限まで加速すればいつか現実を追い越せると信じ、今日もロスト・ハイウェイをひた走る36歳、デブ専。
supported by Happinet
トップ
『ヘアスプレー』(2007・米)
e0000251_19552162.jpg

・・・ええ、大層面白かったです。

この映画の主人公同様
私は音楽を聴くとまず体が反応してしまう質ですので
深夜の回で客席がガラガラだったのをいいことに
始終足でリズムを取り上半身を激しく揺さぶり
しまいにはサウンドトラックに合わせて歌い出す始末。

映画館で歌を歌ったのなんて

『のび太の恐竜』以来です。


ただ、個人的には問題がひとつ。
そう・・・

肉じゅばんトラボルタです。

聞くところによるとこの役
ブロードウェイ版ではいつも男性が演じてるらしいですね。
そのアイデアがどこから来たかっていえばもちろん
ジョン・ウォーターズの元祖『ヘアスプレー』で
この役をディバインがやっていたからだと思うのですが・・・

そもそもディバインって男なの?

ってところが引っかかる。
いや、生物学的な性別は無論男性なんですが
あれはすでにジェンダーがどうこうってレベルの話じゃないような。
性別を超えてる、とゆーかむしろ

人間超えちゃってるでしょ。

犬のウンコですよ犬のウンコ。


トラボルタ母ちゃんのどこが気になったのかと言いますと
このブログの読者ならすでにおわかりでしょうが

乳と尻の揺れ具合。

ミュージカルですからね、当然踊りまくる。
するってーとデブなので必然的に肉が揺れますわな、まぁ。
作り物の脂肪って、やっぱ揺れ方が不自然なんですよ。
トラボルタ単体を見てるならまだしも
目の前にモノホンデブの主人公が見本として存在する訳ですからね。

肉揺れコメンテーター

の私としては、これは見過ごす訳にはいかない、と。

やはり肉は養殖より天然が一番。
シリコン巨乳なんて問題外です。


仮に、仮にですよ・・・この役を

我が愛しのキャシー・ベイツ様

が演じていたとしたら
確実に一生忘れられない作品になったことは
間違いのない事実なのでございます。
うーん・・・惜しい。惜しすぎる。





ブログランキング〜
↓現在12位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2007-11-13 20:01 | デブ専地獄 | Comments(5)
Commented by moviepad at 2007-11-14 00:14 x
にしかわさん、お久しぶりです!

このサイトでこの映画をとりあげるのを心待ちにしておりました。
ニッキーは、はたして"光るデブ"なのか?
と思いきや、なんと視線はトラボルタに...。
うーん、やっぱり一筋縄ではいきませんね!

キャシー・ベイツみたいな方がお好みなんですか...。
「パーフェクト・カップル」の衝撃シーンはもちろんご覧になりましたよね(笑)
Commented by あそびっこ at 2007-11-14 06:50 x
にしかわさん、私も、お久しぶりです!
昨夜、えずきながら歯を磨いていたとき、
「どうしてヘアスプレーが出てこないんだろ?」って思ってました。
そんなわけで、今朝起きぬけに‥久々私にも分かる映画でよかった!
Commented by taku-nishikawa at 2007-11-17 20:33
moviepadさま
こちらこそ、レス遅れましてすんません。
主演の女の子は、ソツなくこなしてはいましたが
単体で見たいかってゆーと、どうでしょう。
どっちかってゆーとクイーン・ラティファの方に惹かれました。

で、『パーフェクト・カップル』未見だったんですが
気になったんで見ちゃいました。
やっぱキャシー・ベイツはモノが違いますな。
この映画、彼女を始め脇が全部良かったです。
キャスリン・キーナー、ソーントン、トニー・シャルーブ・・・

あそびっこさま
おひさしぶりです。
そーか、女性もえずくのかぁ。

それにしてもジョン・ウォーターズ版『ヘアスプレー』(実は未見)
どこのビデオ屋に行っても貸し出し中だーあーストレスたまる。
Commented by moviepad at 2007-11-17 23:12 x
にしかわさん、再びこんばんわ
衝撃シーンは『パーフェクト・カップル』ではなく、『アバウト・シュミット』の間違いだったことに気づきました。すいません。『パーフェクト~』も強烈といえば強烈ですけど...。
ついでのように別記事レスで失礼。にしかわさん『タロットカード殺人事件』面白かったの?この映画、日本ではわりと好評のようですが、私はあまりの○○さに号泣しました。スカヨハの魔力は作品評価を変えてしまうほどなんでしょうかね(笑)
Commented by taku-nishikawa at 2007-11-19 14:33
moviepadさま
>『アバウト・シュミット』の間違い
ああ、なるほど。あれなら腐るほど繰り返し見ています。
http://takunishi.exblog.jp/999754/
でも『パーフェクト・カップル』見れてよかったです。
”清濁併せ呑む”いかにもマイク・ニコルズって感じで良かったです。

『タロットカード』はですね・・・
映画の出来自体は『スコルピオンの恋まじない』あたりと
似たり寄ったりだと思うんですけど
今回は妙に風通しがいいっていうか
一時期のどんよりしたマンネリ感がなかったんですよね。
だからまぁ、若返ったのかなぁと(笑)
過去記事が映画のタイトル順に並んでます
にしかわたく公式HP
毎号表紙マンガを担当
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
パーカー ボールペン...
by パーカー ボールペン at 13:28
It’s hard to..
by David at 08:24
【3連休ポイントアップ祭..
by http://bon at 01:11
高いひずみ以来、それは慢..
by エンポリオアルマーニ 時計 at 09:58
I am genuine..
by クロムハーツ ピアス at 23:47
http://dior_..
by シーバイクロエ ip at 08:05
http://gucci..
by gucciコピー商品 at 09:03
http://gucci..
by ヴィトン ストール コピー at 15:36
柔らかいほんのり塩味のモ..
by パーカー ボールペン 店舗 at 09:11
http://www5...
by ルイヴィトン 長財布コピー at 05:41
最新のトラックバック
2014 Garth B..
from 2014 Garth Bro..
seo services
from seo services
daily fantas..
from daily fantasy ..
CPA Firm Sou..
from CPA Firm South..
kangen
from kangen
Steven Seagal
from Steven Seagal
mrr
from mrr
hunting decals
from hunting decals
custom greek..
from custom greek l..
marijuana re..
from marijuana reci..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧