エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
漫画家Nのイラストと文章で綴る映画な日々

にしかわたく (漫画家)

マンガ家・イラストレーター。生まれて初めて劇場で見た映画は『グリズリー』と『テンタクルズ』の二本立て。
現実逃避のスピードを極限まで加速すればいつか現実を追い越せると信じ、今日もロスト・ハイウェイをひた走る36歳、デブ専。
supported by Happinet
トップ
『ファニーゲーム』(1997・オーストリア)
e0000251_23594686.jpg

私が30を過ぎてから見た中では

一番怖い映画かもしれません。

見てる間、あまりの緊張で
足がつりそうになりました。


高級車で避暑地へ向かう、3人家族。
夫婦は2人ともクラシックファンらしく
カーコンポから流れる曲を
作曲者が誰だ題名がこーだと楽しそうに言い合っています。
いかにも高所得なインテリ夫婦と、可愛い息子。
と、突然音楽がヘンデルからデスメタルに変わります。
仲睦まじい家族の映像と、気違いじみた絶叫のミスマッチ。
オープニング見ただけで、私は思いました。


この映画ヤバいな、と。



そもそもこの映画を私に勧めたのは近所に住む従兄弟。
ある日彼の奥さんの手料理をご馳走になった後、なぜか

“後味の悪い映画”

の話になりました。
(私は映画の話題でしか人とコミュニケーションが取れないのです・・・)
ワタシ的にはここ数年で言うと
『オープン・ウォーター』のラストの

とぷん・・・

ってのがかなり印象的だったので(見てない方すみません)
この映画のタイトルを挙げたところ
従兄弟が

「アレよりひどいのがある」

と言うのです。
え、それ何?と訊くと
帰ってきた答えがこの『ファニーゲーム』。

この従兄弟、映画オタクでも何でもなく
生涯のベストは『バックドラフト』(変なヤツ・・・)。
劇場はシネコンしか行かないという
いたって普通のメジャー映画好き。
大方、タイトルから察するに
デヴィッド・フィンチャーの『ゲーム』や
『CUBE』『SAW』あたりの便乗系かな、と
そのときは深く考えもせず聞き流しておりました。

で、それから随分たったある日
新宿TSUTAYAでヨーロッパ映画の棚を物色していたところ
偶然このDVDに遭遇。
監督はなんと

ミヒャエル・ハネケ

じゃあーりませんか。
2001年に『ピアニスト』でカンヌを獲ったドイツ人監督で
昨年、過去の未公開作が一挙に上映され
渋谷の劇場は連日満員立ち見の盛況だったと聞いています。
アイツ、何でこんなアート系の映画を・・・?
『ピアニスト』は一応見ましたけど

フェラの途中で女が嘔吐

っつーシーンしか覚えてません。

パッケージにはこんなコピーが書いてあります。

かつてこれほどまでに

救いのない映画があっただろうか?

なるほどね、やっぱり後味悪いのねということで
とりあえず借りて
帰宅してDVDをデッキに入れ、再生ボタンを押すと
上に書いたようなオープニングだった、というわけです。


いやー、この後のストーリーを書きたくてたまらないんですけど
この駄文を読んで下さる方の中で、もし1人でも
「この映画見てみよう」という命知らずの方がいらっしゃった場合
余計な知識は邪魔になりますのでね。
内容にまったく触れてないんで
わけわかんない文章になっとります・・・まぁいつものことですが。

可能なかぎりピュアなかたちで

この不愉快さと向き合ってほしい

とゆー私の乙女心、わかって下さい。

とにかく、近年味わったことのなかった不快指数。
バッドエンド嫌いのうちの父親が見たら

確実にブラウン管破壊してますね。

参考記録的に言いますと
ギャスパー・ノエの『アレックス』に耐えられた人なら大丈夫です。
(ハードル高ぇ・・・)


しかし、さすがヨーロッパ。
腐り方がハンパじゃない。
昔ここで取り上げた『ドッグ・デイズ』もひどかったもんなぁ。

変態の裏の裏の裏の裏の裏

ひねくれすぎて

変態二重螺旋の様相。

事情通の方には今更でしょうが
ハネケの他の作品も要チェックですな。
(またいっぱいあるんだコレが・・・)


追記:
今初めて知ったんですが
この映画、ハネケ監督が自らメガホンを取って
英語版リメイクが製作中のようです。
主演の夫婦はティム・ロスとナオミ・ワッツ。
あの最悪の体験をもう一度かぁ・・・
絶対見ちゃうな。





ブログランキング〜
↓現在6位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


e0000251_043446.gif
[PR]
by taku-nishikawa | 2007-09-11 00:04 | 奇人変人地獄 | Comments(7)
Commented by ミン at 2007-09-11 11:30 x
早速、借りて観るようにします。
ちなみに『アレックス』は楽しく(悲惨さを楽しめる意味で)観れたので、
大丈夫かなと思いますが・・・油断は禁物かも・・・
Commented by taku-nishikawa at 2007-09-11 12:11
ミンさま
『アレックス』、私大好きななんですよぉ。
あの年の(何年だか忘れましたが)ベスト1に選びました。
内容が内容な上に、カメラがぐるぐる回って気持ち悪くなり
危うく映画館でマジ吐きするところでした。
Commented at 2007-09-11 17:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ぱるぴ~ at 2007-09-12 18:13 x
随分前に観たけどかなりインパクト残ってます。
この監督は暴力シーンとか映像では一切見せずに作ってるのが凄い。
逆に恐さ倍増です。ギャスパー・ノエとは真逆ですね。
最近めっきり血なまぐさい映画を観なくなりました。年なんじゃろか?
Commented by taku-nishikawa at 2007-09-13 03:45
ぱとさま
初めまして。コメントありがとうございます。
意外と見てる人多いですね、この映画。
みんなフツーのサスペンスだと思って借りたんでしょうなぁ。
ナンマンダブ。
わかりますよ、お気持ち。
こんなん見せられたら、誰かに何かを言わなきゃやってられませんよね。

ぱるぴ〜さま
>暴力シーンとか映像では一切見せず
そうそう。そこらへんの演出がばっちりはまるんですよねー。
音だけで想像させたりすることなんかイヤらしいのなんの。
しかもこんだけ陰惨な話を扱っておきながら
どーもそれをおもちゃにして遊んでるふしがある。
(ファニーゲームというタイトルはきっとソコともかかってるんでしょう)
いや、歪んでますよ。ホントに。

私は逆に年をとるにしたがって
バイオレンス度がどんどん増してきております。
先行きが不安です。
Commented by Lupiiiiiiiin at 2007-09-14 03:29 x
初めまして、いつもブログ楽しく拝見させて頂いてます。
実は勝手にマイブログにリンク貼ってます…この場を借りてごめんなさい!

バックドラフト最高の友達から出てきた作品…想像もつかないですね(笑)
早速ピュアな気持ちでツタヤ行って来ます。
Commented by taku-nishikawa at 2007-09-14 16:12
Lupiiiiiiiin さま
お、銭形警部ですね。初めまして。コメントありがとうございます。
純粋さって、諸刃の剣なんですよね。
命だけはお大事に。
過去記事が映画のタイトル順に並んでます
にしかわたく公式HP
毎号表紙マンガを担当
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
パーカー ボールペン...
by パーカー ボールペン at 13:28
It’s hard to..
by David at 08:24
【3連休ポイントアップ祭..
by http://bon at 01:11
高いひずみ以来、それは慢..
by エンポリオアルマーニ 時計 at 09:58
I am genuine..
by クロムハーツ ピアス at 23:47
http://dior_..
by シーバイクロエ ip at 08:05
http://gucci..
by gucciコピー商品 at 09:03
http://gucci..
by ヴィトン ストール コピー at 15:36
柔らかいほんのり塩味のモ..
by パーカー ボールペン 店舗 at 09:11
http://www5...
by ルイヴィトン 長財布コピー at 05:41
最新のトラックバック
2014 Garth B..
from 2014 Garth Bro..
seo services
from seo services
daily fantas..
from daily fantasy ..
CPA Firm Sou..
from CPA Firm South..
kangen
from kangen
Steven Seagal
from Steven Seagal
mrr
from mrr
hunting decals
from hunting decals
custom greek..
from custom greek l..
marijuana re..
from marijuana reci..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧